木村拓哉「BG~身辺警護人~」へ「やるからにはちゃんと意味を持たせなければ価値がない」と意気込みも!「デジタルTVガイド」表紙に

木村拓哉「BG~身辺警護人~」へ「やるからにはちゃんと意味を持たせなければ価値がない」と意気込みも!「デジタルTVガイド」表紙に1

 “キムタク”こと俳優・木村拓哉が24日発売の月刊テレビ誌『デジタルTVガイド 新ドラマ超特大号!!』(東京ニュース通信社)の表紙を飾る。

 木村主演で武器を持たず、己の体のみでクライアントを守る民間ボディーガードの熱き闘いを描く連続ドラマ『BG~身辺警護人~』続編の放送もスタート。それだけに、ドラマのことへ思いを語っており、「やるからにはちゃんと意味を持たせなければ価値がない」と作品への意気込みも。

 コロナ禍で撮影が一時期できなかったことに対して、「どんな状況下であっても、前に進むしかない!」と力強く宣言。さらに、あらためて感じたという自身の“エンターテインメントへの愛”についても、とことん語り尽くしている。グラビアでは、そんな木村の情熱があふれる“深紅”のカットを多数掲載。一片の曇りもない真っすぐな眼差し、包容力に満ちた大人の色気、はにかむような笑顔なども見せている。

 特集では、『BG』をはじめ綾野剛&星野源W主演の『MIU404』、中島健人&平野紫耀W主演の『未満警察 ミッドナイトランナー』、韓国ドラマ『愛の不時着』主演のヒョンビン&ソン・イェジンのインタビュー、中畑清が語る今季プロ野球の展望、唐沢寿明のインタビューとともに送る連続テレビ小説『エール』の前半プレイバックなどさまざまな企画。インタビューでは、賀来賢人&伊藤健太郎、本郷奏多、山田裕貴、秋元才加、荒川良々&黒島結菜、工藤遥ら豪華な面々が多数登場している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする