文音 初デートするなら「映画館」がオススメ!?石田ニコルあだ名が“一蘭”なワケを説明

文音 初デートするなら「映画館」がオススメ!?石田ニコルあだ名が“一蘭”なワケを説明3

初日舞台あいさつが開催!

 女優・文音(32)、石田ニコル(30)、真魚(28)が29日、東京・神楽座で映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』(監督:永田琴/配給:アークエンタテインメント)初日舞台あいさつを永田監督とともに開いた。

 バブル後の日本が舞台。外では自由奔放なイケイケな女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りな性格のアラサー女子・杉山ユウコ(文音)。友人の中川エミ(真魚)と一緒に彼氏獲得に励む日々。ある日、ハーフで美人の澤野セツコ(石田ニコル)と出会い、お互いの存在に火花を散らすことなったが、セツコの“真の姿”を見てしまい友情が芽生えだす。ユウコには彼氏ができるなか、セツコは突然結婚すると言い出すのだが……。

 タイトルの“いけいけ”を意識したのか、おみ足眩しいミニなスカート姿で登場した文音。作品へ「男性の方には『女性の取扱説明書として観てください』といつも言ってます」という。

 そこで、トークは女性の取扱説明書と題して、登壇した女性陣自身を口説くならという話題に。文音は「面白いナンパ文句で『天使が舞い降りてきたのかと思いました』と言われて、面白い人いるなって思いました」と笑えば、石田は「すごく人見知りで、あだ名を(ラーメンチェーン店の)“一蘭”と言われているんです。一蘭ってのれんみたいなものがあって、店員さんの目は見えなくて、私は目を見て話すことが苦手で。話をしてくれるなら、面白い方がいいなって。ゲームが好きなのでゲーム好きだったり海が好きな方だったら目を見て話はできると思います」と、腰の引けた発言で笑いを誘うことに。

 続けて、初デートで行くならどこ?という話題になり、文音は「初デートなら食事くらいじゃないですかねぇ。ガツガツ来られても嫌な感じですし。そういえば、いま映画館は1席あけてるから、初デートだったらいいかも」という距離感を大事にするよう。

 石田も食事を挙げ「パスタすする人はダメ!イタリアンに行ったらずっとパスタの食べ方見てます!それと、焼き鳥は橋で取り分けないで串からはずさないで食べる人が好きです」といい、真魚は「チャーハンをすごい食べる人はいいなって」と、豪快さを求めているようだった。

 さらに、本作にあるような“バカオンナ”を文音なりに定義しているそうで、「一途に1つのことをまっすぐやっている子で、他人の評価を気にせずに生きている人は、みんな“バカオンナ”なんじゃないかと」といい、その代表例として永田監督を挙げ、「衣装合わせから1人何役やるんだろうというくらい担当されてて、自分が納得しないとOKを出さないので、“バカオンナ”代表じゃないかなと思いますね」といい、永田監督を照れさせていた。

 最後に石田から「このコロナ禍の状況で上映されるのはすごく心配でしたけど、完成したものを観たときに、体を張っていたのと、変顔をしていのと、女の子の隠されていたものをさらけだしていて、たくさん笑える要素がるので、この時期で良かったのではないかなと思います。劇場でたくさん笑ってもらえれば」と、アピールし、文音は「コロナのなか、いまこの時代にこんなものを出していいのかまで考えましたけど、笑うことで免疫力がつくと思うんです。ニコルちゃんの言う通りこの時期で良かったのかもと思います。女性の発するものすごいエネルギーがぶつかっての笑いや、ひたむきな友情など、女性の友情物語になったと思います。女の子が走って、走って、幸せは自分の手で掴むものなんだなと感じるようになりました。笑ってもらってスッキリしてもらえれば」と、気持ちを伝えていた。

 映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』は公開中!

文音 初デートするなら「映画館」がオススメ!?石田ニコルあだ名が“一蘭”なワケを説明4

文音 初デートするなら「映画館」がオススメ!?石田ニコルあだ名が“一蘭”なワケを説明2

文音 初デートするなら「映画館」がオススメ!?石田ニコルあだ名が“一蘭”なワケを説明1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする