加藤清史郎 3年間の留学きっかけは市川海老蔵で思い出あふれ「濃い3年間でした」!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」7

 俳優・加藤清史郎(19)が12日、東京・新橋のスペースFS汐留で映画『グーニーズ』4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター ブルーレイセット発売を記念したトークイベントに登場した。

 1985年に劇場公開された作品。落ちこぼれの少年・少女たちの集まり『グーニーズ』が、盗賊団を相手に冒険を繰り広げるアドベンチャー映画となっている。製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督リチャード・ドナー、脚本クリス・コロンバスと、製作陣も豪華な顔ぶれで根強いファンも多いことで知られている。今回のパッケージ化にあたり、声優・野沢雅子、古谷徹、藤田淑子など豪華声優陣が参加した、1988年のノーカットTV放送版日本語吹替も初収録されていることも特徴の1つとなっている。

 加藤は、今年から大学生となり、グーニーズたちと同世代ということでゲストとして招かれた。

 「大学生になったのでファッションも気にしているんですけど、冒険するような感じで、洞窟にも行きたいですね」というファッションで登場した加藤。

 実は作品に触れたのは今年だそうで、「名前は存じ上げていたんですけど(新型コロナウイルスの影響で)家にいるのが長くなった時期に初めて観て、本当にどハマりしてしまって、昨日も家族で観ました」と、魅了されているのだとか。「シンプルに誰もが楽しめる冒険というテーマで、地図を見つけたら何歳だろうと行きたいと思いますよ(笑)。あとは個性の強いキャラクターが喧嘩したり冒険したりするんですけど、グーニーズの友情だったりするのが感じられるんです。このみんなはずっと一緒にいるんだという。絆っていいなって思いますね」と、自身が感じたポイントを。

 さらに、劇中の好きなセリフへ「Goonies never say“die”ですね。主人公のマイキーが言うセリフなんですけど、この作品のテーマを表しているのはこれかなって。いろんな大変なこととかあったり、おちゃらけているなか、この一言でみんなの意志が1つになって」と、話していた。

 本作のように加藤も冒険はしたのか尋ねると、「いろんな役柄を演じられるのは冒険だったなって。会ったことのない作品の中で生きるというのは、そういうことでしか味わえない冒険感があったと思います。楽しかったです」と、懐かしげに振り返る。司会がその子役時代にプレッシャーはなかったのかと問うと、「あまりなかったですね。どちらかというと習い事のような感覚が強かったので、変に気張ったりとかはなかったです」と、自然体で楽しんでいたそうだ。

 加藤といえば高校時代に3年間英国留学していたが、そのきっかけへ、「理由は単純です。英語が喋れるようになりたいというのとイギリスの演劇に触れてみたいと思って。そう思ったのが、『レ・ミゼラブル』というミュージカルに出演したときに、スタッフの方が全員UKチームで、英語が飛び交っていたんです。直接くだらない話とか、できたらもっと楽しいのかなと思ったのが一番最初です」と、出演作品がかかわっていたという。さらに、「留学を決めたときには役者として生きていきたいなと意志を固めた後ですけど、英語を学びたいなと思ったときはそこまで深く考えてなかったですね」と、当時の心境を振り返る。

 ちなみに、その将来を考える足がかりとなった人物もいるといい、「しっかり俳優として生きていこうと決めたのは中学1年生の冬だったのですが、歌舞伎で共演した市川海老蔵さんから『将来どうするんだ』という話をしてくださって。当時、僕は野球部だったので、役者か野球で迷っていますとお話したら『お前そのキャリアを潰してまでなら、役者をやってみれば』と言われて、ああなるほどと思ったというか。さりげない言葉が俳優へのきっかけになりましたし、留学のきっかけになったなと思います」と、エピソードを披露することも。

 そこから留学中の生活をトークすることに。「日本とイギリスの違いでいうと、いくつもありますけど、信号の位置が低かったり、『えっ!?』と思いましたし、イギリスは英語が飛び交っている街だと思っていたんですけど耳を澄ますと英語じゃない言語、完璧ではない英語をしゃべる人たちが、完璧ではない英語で話し合って生きているという光景は驚きましたね」と、実感を。

 さらに、「イギリス日本というより僕の生活でど3年間寮生活をしていて、朝から晩まで3年間寮生と一緒で。休みの日にお肉とかマッシュルームを買ってバーベキューをしたりして。それぞれ、料理の仕方とか、お皿を洗う前の水へのつけ方も違っていて。部活動でサッカーを夢中でやりましたけど、対戦する相手が平均180センチで大きな選手ばかりで、そのなかでどう戦っていくかとか、体の当て方とかあそこまでスポーツに本腰を入れてやれたことがなかったので、寮の仲間と暇さえあればボールを経理に行くといいうのもなかなかなかったですね」と、さまざまに披露し、「僕にとってとても濃い3年間でした」と、目を輝かせた。

 映画『グーニーズ』(ワーナー ブラザース ジャパン合同会社)4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター ブルーレイセットは9日より発売中!

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」2

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」4

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」5

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」1

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」8

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」3

加藤清史郎 3年間の留学時代の思い出あふれ「濃い3年間でした」目を輝かせる!“おうち時間”で「グーニーズ」に「どハマリしました」6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする