井上真央 顔を真っ黒にしながら「自分が想像していた以上の力強さで、完成が楽しみに」!主演映画「大コメ騒動」クランクアップコメント映像とメイキング写真解禁

井上真央 顔を真っ黒にしながら「自分が想像していた以上の力強さで、完成が楽しみに」!主演映画「大コメ騒動」クランクアップコメント映像とメイキング写真解禁2

 女優・井上真央(33)主演で2021年1月8日より公開予定の映画『大コメ騒動』(監督:本木克英/配給:ラビットハウス、エレファントハウス)。本作のクランクアップコメント映像とメイキング写真が7日、解禁となった。

 大正7年(1918年)に富山県の海岸部で実際に発生した「米騒動」。本作は新聞で報道されるや全国に広がり、暴動に発展したこの騒動で活躍した女性たちにスポットを当て、史実に基づいて描く。井上は、周りに流され自己主張が苦手ながらも、実は聡明な主人公・松浦いと役を演じることとなる。

 井上のほかにも、町一番の権力者である大地主に石橋蓮司、いととともにコメ騒動に参加するおかか仲間に鈴木砂羽、舞羽美海、冨樫真、鈴木演じるトキの夫に吹越満、大阪の新聞社のデスクに木下ほうか、おかかたちを目の敵にする警察署長に内浦純一、といった演技派ぞろいのベテラン陣から、いとらを取材する新聞記者に中尾暢樹、私塾の先生に工藤遥、いとの旧友に吉本実憂が出演することもこれまで明かされている。

 クランクアップ時の井上は、作品は見た目から徹底したものだったことを明かしつつ、「このふん装をして、みんなで役になって集まった時、自分が想像していた以上の力強さで、完成が楽しみになりました。米俵をかつぐのは大変でしたが、なかなか、あまり女優陣が真っ黒(日焼けメイク)になることがないくらい真っ黒になったけれど、1つ1つ楽しみながらできました」と、目を輝かせて作品の力を感じたそう。

 さらに、本作は富山弁で撮影。富山出身の室井も「富山弁は、関西の言葉とも東北の言葉とも違って難しい」というくらい発音が独特な方言。一部分を鼻濁音にしたりイントネーションの上がり下がりが細かかったりするが、本木監督は「井上さんは直すところがなかった」と井上の富山弁の扱いぶりを称賛している。

 また、富山出身の本木克英監督が約20年温め続けてきた題材から誕生した本作。実は制作のきっかけは、富山・黒部市出身で、ミニシアターの草分けである『岩波ホール』の総支配人・高野悦子(故人)から「米騒動を映画化しなさい」と話しを持ちかけられたことだったという。08年に、富山県で行われた『日本女性会議』で室井滋と対談した際に、富山が舞台の映画制作について背中を押されたという。さらには、19年に、志の輔の寄席へ行った際、楽屋で米騒動の映画化の話をしたところ、立川から「私で良ければ協力させてほしい」と出演に対する前向きな言葉ももらえるなど、本木監督の背中を押す出来事がつながってのものだったそうだ。

 映画『大コメ騒動(だいこめそうどう)』は2021年1月8日よりTOHO シネマズ日本橋ほか全国公開!なお、富山県では2021年1月1日より先行公開!

 ※関連記事
 ・井上真央ら富山県で「大コメ騒動」完成披露試写会開催!「えらいパワフルやったちゃ!すごくパワーをもらいました」とエキストラたちへ笑み
 ・井上真央 怒り爆発で絶叫!主演映画「大コメ騒動」予告篇解禁で主題歌は米米CLUBの「愛を米て」に決定
 ・井上真央 主演映画「大コメ騒動」ポスタービジュアル解禁で「もう我慢できん!!」の文字躍る!公開は2021年1月に

 ※記事内画像は(c)2021「大コメ騒動」製作委員会

 ■「井上真央クランクアップコメント映像」YouTubeリンク
 https://youtu.be/uZCL_-ye3rY

井上真央 顔を真っ黒にしながら「自分が想像していた以上の力強さで、完成が楽しみに」!主演映画「大コメ騒動」クランクアップコメント映像とメイキング写真解禁1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする