渋谷慶一郎氏「ミッドナイトスワン」作曲時が「懐かしいです」と回想!「第75回毎日映画コンクール」表彰式で「日本の映画の音楽の作り方」への思いも披露

渋谷慶一郎氏「ミッドナイトスワン」作曲時が「懐かしいです」と回想!「第75回毎日映画コンクール」表彰式で「日本の映画の音楽の作り方」への思いも披露2

 音楽アーティスト・渋谷慶一郎氏(47)が17日、東京・目黒のめぐろパーシモンホールで開催された『第75回(2020年)毎日映画コンクール』表彰式に音楽賞を受賞したことから登壇した。

 『毎日映画コンクール』は1946年(昭和21)、日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された映画賞。演技、作品はもちろん、撮影や美術、録音などのスタッフ、日本映画を代表する名女優田中絹代の名を冠する賞など、幅広い部門を設けていることが特徴となっている。

 渋谷氏は昨年9月25日に公開となった『新しい地図』草なぎ剛主演の映画『ミッドナイトスワン』(監督:内田英治/配給:キノフィルムズ)で音楽を手掛けたことから受賞となる。

 渋谷氏は、「栄誉ある賞を頂きまして、この音楽を作曲した時、すごく忙しくて、かなり急に頼まれたので1週間で2時間ぶんの音楽を作ったんです。自分のスタジオで、朝起きたらパジャマのまま作曲するという生活を1週間しまして、懐かしいです」と、振り返る。

 今回表彰されたことへ「選ばれたのが驚きまして」と、心情を吐露しつつ、「音楽賞というのは(日本の映画賞では)そんなにないというのが分かりました。日本の映画の音楽の作り方はガラパゴス化しているのは事実で、効果音より音楽が小さいことなんてよくあるんです。今年、僕はまた1本やることになっていますけど、もうちょっとチャレンジングな作り方をしたいなって思います。このような状況なので、いつ集まれるかわからないので、僕も、微力ながら努力していきたいので努力していきます。頑張りましょう」と、メッセージを寄せた。

 なお、映画『ミッドナイトスワン』はTSUTAYA プレミアム映画ファン賞・日本映画部門を受賞しており、会場では森谷雄プロデューサーが登壇した。

 ※関連記事
 ・「ミッドナイトスワン」が「第75回毎日映画コンクール」TSUTAYA プレミアム映画ファン賞受賞に森谷雄プロデューサー 内田英治監督手紙代読で「みなさまに心から感謝」
 ・草なぎ剛主演作「ミッドナイトスワン」で「第44回 日本アカデミー賞」優秀主演男優賞受賞!作品賞や内田英治監督が優秀監督賞&優秀脚本賞W受賞など数々の賞を受賞
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」脚本読んで涙し「なんで泣いているのか分からなかった」を演技で表現!サントラ驚異の売上で渋谷慶一郎氏もCD梱包エピソードの裏話【ロング目レポ】
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」脚本読んで涙し「なんで泣いているのか分からなかった」を演技で表現!サントラ驚異の売上で渋谷慶一郎氏もCD梱包エピソードの裏話【ロング目レポ】
 ・草なぎ剛&内田英治監督&音楽担当の渋谷慶一郎氏が11月29日に2度目となる映画「ミッドナイトスワン」舞台挨拶開催へ!香港でも2021年公開決定
 ・草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」が台湾で「午夜天鵝」として大晦日より公開で「大変うれしく」!急遽発表となった背景とは?

渋谷慶一郎氏「ミッドナイトスワン」作曲時が「懐かしいです」と回想!「第75回毎日映画コンクール」表彰式で「日本の映画の音楽の作り方」への思いも披露3

渋谷慶一郎氏「ミッドナイトスワン」作曲時が「懐かしいです」と回想!「第75回毎日映画コンクール」表彰式で「日本の映画の音楽の作り方」への思いも披露1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする