松坂桃李「日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞の服部樹咲、蒔田彩珠、森七菜、永瀬廉、岡田健史、奥平大兼へメッセージ!「みなさんと現場で再会できることを望んでおります」【スピーチ全文】

 俳優・松坂桃李が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』にプレゼンターとして登場した。

 松坂は2019年公開の映画『新聞記者』を主演し最優秀主演男優賞を受賞したことからプレゼンターとなった。

 新人俳優賞のプレゼンターを務めた際には、表彰を終えた後、受賞者の服部樹咲、蒔田彩珠、森七菜、永瀬廉、岡田健史、奥平大兼へ向けメッセージを送った。以下、全文。

 「新人俳優賞を受賞されたみなさま。本当におめでとうございます。僕自身も10年前にこの賞を頂いて、もっと頑張ろうと。またここに来れるようにもっと頑張ろうと。そんな身の引き締まる時間だったんです。あまり大きなことは言えないですけど、この仕事は出会いとか、別れとかっていうのがすごく連続で、たくさんある仕事だと思います。そのぶん再会も1つ1つ積み重ねていくことで増えてくる仕事だと思います。ぜひ、みなさまなりの良い再会の仕方ができるような向き合い方で、作品に臨んでください。みなさんと現場で再会できることを望んでおります」

 ※第44回日本アカデミー賞関連記事
 ・吉沢亮 日本アカデミー賞でプレゼンター務め「またきょうこうしてこの場に来れて幸せに思います」!オールブラック衣装に白手袋で最優秀助演女優賞の黒木華を祝福
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞をレッドカーペットで佐藤浩市、菅田将暉、小栗旬、二宮和也が拍手で祝福!その後のインタではお茶目さ全開も【スピーチ部分ノーカット】
 ・星野源 日本アカデミー賞で話題賞プレゼンターで小栗旬に表彰で2人で笑い合う!「苦楽をともにした小栗くん、大きな話題となった『鬼滅の刃』のみなさまに授与することができて嬉しい」
 ・「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】
 ・永瀬廉 日本アカデミー賞壇上で「弱虫にならず、エンターテインメントという厳しい坂をこれからも上り続けたい」とスピーチ!嵐・二宮和也も温かく見守る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする