星野源&綾野剛W主演「MIU404」が東京ドラマアウォード 2021内の作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞に!新井順子Pと演出の塚原あゆ子氏登壇で「本当に生き生きした現場でした」

星野源&綾野剛W主演「MIU404」が東京ドラマアウォード 2021内の作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞に!新井順子Pと演出の塚原あゆ子氏登壇で「本当に生き生きした現場でした」1

 俳優・星野源、綾野剛がW主演したドラマ『MIU404』(TBSテレビ)が27日、都内ホテルで開催された『東京ドラマアウォード 2021』授賞式内で作品賞<連続ドラマ部門>において優秀賞を受賞したことが発表となった。

 『東京ドラマアウォード』は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰するというもので今年で14回目の開催。

 『MIU404』は2020年6月から同9月にかけ全11話で放送。働き方改革の一環で、警視庁に新設された臨時部隊・第4機動捜査隊を描いた物語。その一員として招集された志摩一未(星野)っは、候補段階で落とされていた問題児という噂の奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野)と急きょバディを組むよう命じられる。任務初日、意外にも礼儀正しい伊吹に好印象を抱く志摩。しかし遭遇した事件現場で、伊吹はさっそく問題を起こし、2人は衝突する。反発しながらも捜査に当たる2人。数々の事件を乗り越えた先に、2人は信頼し合うバディになれるのか……。24時間のタイムリミットで犯人検挙にすべてをかける1話完結のノンストップエンターテインメントとなる。

 綾野、星野のほかにも、岡田健史、橋本じゅん、黒川智花、渡邊圭祐、菅田将暉、生瀬勝久、麻生久美子ら豪華キャストが共演となった。

 この受賞に会場には演出の塚原あゆ子氏、新井順子プロデューサーが登壇。新井プロデューサーは、「綾野さんも、星野さんも役に入っている感じで本当に現場で生々しいお芝居を繰り広げて頂いて、それを監督がまとめるという、本当に生き生きした現場でした」と、振り返る。

 苦労した部分へは、新型コロナウイルス禍のなかでの撮影だったといい塚原氏は「どれだけ接触して間を詰めるかは悩みました。みなさんも悩まれていたと思います。生活態度も考えたと思いますけど、1番元気になってほしいときに元気にになってほしいと思って熱量を持って臨みました」と、語っていた。

 なお、作品賞<連続ドラマ部門>のグランプリは『俺の家の話』(TBSテレビ)となった。

 ※MIU404過去関連記事
 ・綾野剛&星野源W主演の「MIU404」がギャラクシー賞テレビ部門で選奨受賞
 ・MIU404公式メモリアルブック9月26日に発売で星野源&綾野剛“バディ”グラビアなど!岡田健史「新米警部補・九重世人の休日」スピンオフ・フォトストーリーも
 ・星野源 パーソナリティのオールナイトニッポン初番組イベント開催!レギュラーコーナーSPバージョンや初の番組グッズも制作中とも

星野源&綾野剛W主演「MIU404」が東京ドラマアウォード 2021内の作品賞<連続ドラマ部門>で優秀賞に!新井順子Pと演出の塚原あゆ子氏登壇で「本当に生き生きした現場でした」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする