「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も

「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も5

「新海誠展」内覧会が開催!

 『新海誠展―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―』が11日から12月18日までの期間に国立新美術館で開催。10日にはその内覧会が行われ全貌が明らかになった。

 本展覧会は新海監督のアニメーション映画監督デビュー15周年を記念した初の展覧会。国立の美術館において、現役アニメーション映画監督の名前を冠した展覧会が開かれるのは初めてというだけあり、同日の会見には100人を超える関係者・報道陣が詰めかけるものとなった。

 本展では、新海監督のこれまでの軌跡を『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』『君の名は。』の6章立て。絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物など初公開を含む約1000点の展示を通じて紹介していく。

 会場内部は白を基調としたもので、同所の高い天井もあいまって新海作品に入り込んだような気分にさせてくれる。展示物とともに、その真っ白な壁にはときおり、キャラクターの印象的なセリフや、新海監督が過去に発した印象的な言葉が躍り、読むことでも楽しめる仕掛け。

 生原画には、スタッフ間とのやりとりや技術のこだわりや人となりを感じるメモが残っていることも。時代を追うごとに新海監督の作業しているパソコンなども展示され、アニメーションの技術の流れも縦軸で体感できるものにもなっている。

 さらに、専門家を招いてキュレトリアルチームを編成し、「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠作品」など、アニメーションをより深くひも解く企画も行われているが、1996年から98年の新海監督が日本ファルコムに務めている時代に作った『イースIIエターナル』のオープニングムービーなども動画とともに展示されるものとなった。

 また、本展の音声ガイドは『君の名は。』で主人公・立花瀧役を演じ、新海監督とも縁深い俳優・神木隆之介が担当。神木初となる音声ガイドだが、その寄り添うような声は、館内を一緒にデートしているような気分になれること請け合い。しかも、神木自身が新海監督から影響を受けた作品について、その感想などを伝えており、ファンならずとも、神木の人となりが感じられる仕上がりとなっている。

 ※記事内画像はレギュレーションにより12月18日に削除予定

「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も1

「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も2

「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も3

「新海誠展」国立新美術館で神木隆之介とデート気分になれる音声ガイド!「イースIIエターナル」OPムービーの展示も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする