間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量6

映画「全員死刑」初日が開催!

 俳優・間宮祥太朗(24)、毎熊克哉(30)、六平直政(63)、入絵加奈子(48)、清水葉月(27)が18日、東京・渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で映画『全員死刑』(監督:小林勇貴/配給:日活)初日舞台あいさつを小林監督と開いた。

 本作は、強い家族の絆、熱い親子愛がどんどんエスカレートし、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人へとつながってしまう、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件を扱った作品。主演の次男・タカノリ役は本作で映画初主演となると間宮が、長男・サトシ役は毎熊、その父に六平、母に入絵、タカノリの彼女役に清水と豪華キャストが集結している。

 間宮は第一声から「『全員死刑』公開が待ち遠しかったです。一生で1度の人生で初めての主演映画ですので感慨深いものがあります!」と、初主演映画が無事公開を迎えて感無量といったようで、六平も「間宮祥太朗良かったでしょ!」と、背中を押してあげる様子も。

 今回の話が来たときのことへ、間宮は「お話を頂いたときに迷ったんです。実際の事件を元にしていますし、いろいろ調べていくうちに決められないと思って」と、一旦立ち止まって考えたという。しかし、「そこで小林監督と話にいって、そのときに信頼と期待みたいなものが生まれてよろしくお願いしますと」と、さっそく“親心”を見せた。

 さらに間宮は「映画を愛している人で僕も本当に映画が好きでこの業界に入っているので、この作品のみならず一生を添い遂げたいと思える監督と出会えて幸せです」と、まるでプロポーズのようなセリフで、これには小林監督も「本当にずっと一緒に映画を撮りたいので、いま本当に責任取ってほしいですよ」と、返して沸かせる。

 そんな小林監督について、六平が「オレも深作(欣二)さんや伊丹(十三)監督だとか、いろんな人とやってきたけど、負けないセンスの鋭さがあるね。ほっといても大物監督になると思う。次の作品また呼んでよ」と、声をかけ間宮も大きくうなずいていた。

 イベントでは間宮の初主演と小林監督の商業デビューということをお祝いし、スタッフからケーキのプレゼントが!しかも、間宮と小林監督で結婚披露宴のようにファーストバイトをさせあうというおまけ付き。小林監督は「祝」と書かれた部分を間宮にあーんすることとなり、「一生俺の映画に出てくれよ!愛してる」と絶叫すると、間宮も「もちろん!」と、受けることに。

 逆に間宮は自分の顔がかかれた部分を盛ると「一生添い遂げましょう。映画で一緒に生きていきましょう!」と、大量のケーキをとり食べさせ盛り上がっていた。

 最後に間宮から「自分は映画を1つの教科書と思っていて、いろんな教訓を与えてくれたりとかいろんな人生を見せてくれたりとか、核の部分を作ってくれるものだと思っています。もちろん刺激が強いし、こういうのが苦手な人がいるかもしれませんが、こういう作品があるからこそ見えるものとか、自分の中にある思いが大切ではないかと思っているんです。何かを感じてくださることが重要だと思っています。映画って楽しくてすごいものだという体験をしました。みなさんがおもしろいと思って頂いたら感想とかを送ってほしいです!」と、呼びかけていた。

 映画『全員死刑』はR15+で18日より公開中!

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量7

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量1

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量2

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量3

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量4

間宮祥太朗「一生添い遂げましょう」と相思相愛な“プロポーズ”!初主演映画「全員死刑」初日に感無量5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする