ダチョウ倶楽部「チキンマックナゲットクリスマスキャンペーン」で正当性訴え争った怪盗ナゲッツと和解!長く続ける秘訣は微妙な変化

ダチョウ倶楽部「チキンマックナゲットクリスマスキャンペーン」で正当性訴え争った怪盗ナゲッツと和解!長く続ける秘訣は微妙な変化3

ダチョウ倶楽部が怪盗ナゲッツとイベントに登場!

 怪盗ナゲッツ、お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』肥後克広(54)、寺門ジモン(55)、上島竜兵(56)が21日、都内で『日本マクドナルド チキンマックナゲットクリスマスキャンペーン発表会』に登場した。

 日本マクドナルドがクリスマス期間の23日から25日の3日間限定で『チキンマックナゲット クリスマスキャンペーン』を展開。期間中は『チキンマックナゲット15ピース』を2パックセットにした30ピースのセットを通常価格1140円のところを特別価格の750円(税込)で販売する。

 黄色いスーツでビシっとした感じで登場した『ダチョウ倶楽部』。上島は「昔から好きだったチキンマックナゲットの宣伝大使で本当に嬉しいです!」というと、肥後は、「ダチョウ倶楽部からチキンマックナゲット倶楽部に変更しようと考えるくらいです」と、芸名変更をしたくなるほど嬉しかったのだとか。寺門はダチョウ倶楽部が活動32年とチキンマックナゲットが30年続いているというので親近感を感じているようだった。

 そのまま『ダチョウ倶楽部』がナゲットを実食していると怪盗ナゲッツが宣伝大使は自分だと言い張りながら登場し、『ダチョウ倶楽部』へは「あんたたちは偽物だから出ていってください!」など、正当性を訴え争いに。ネタ披露などいろいろ小芝居があった結果、最後は肩を組んだり、一緒にゲッツポーズをしたりと、和気あいあいで和解していた。

 記者たちからは長く続く秘訣を問われ、寺門は、「ちょっとずつ変わって味をキープしているんでしょうね」というと、肥後から、「ちょっとずつ替えているんですけど、世間が気づいてくれない。『どうぞどうぞ』の手の位置とか替えています」と、微妙な変化があるのだとか。ナゲッツも「変わらない良さというのはあるし、人のことは悪く言わないというので、それだけ守っていればなんとかなると」と、心がけを。

 さらに、今年を振り返ってナゲッツは、怪盗ナゲッツとして多く活動できたことに感謝しつつ、「チキンだけに飛ぶ鳥を落とす勢いで、来年も頑張っていく」と、鳥にかけたコメントや、『ダチョウ倶楽部』は3人で「現状維持!」と、人気も健康面も含めてのコメントを寄せていた。

ダチョウ倶楽部「チキンマックナゲットクリスマスキャンペーン」で正当性訴え争った怪盗ナゲッツと和解!長く続ける秘訣は微妙な変化1

ダチョウ倶楽部「チキンマックナゲットクリスマスキャンペーン」で正当性訴え争った怪盗ナゲッツと和解!長く続ける秘訣は微妙な変化2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする