木村拓哉「金麦」CMメッセンジャーに起用!その衣装に「きょうはベストジーニストの日ではない」と茶目っけたっぷり

木村拓哉「金麦」CMメッセンジャーに起用!その衣装に「きょうはベストジーニストの日ではない」と茶目っけたっぷり2

木村拓哉「金麦」CMメッセンジャーに起用!

 俳優・木村拓哉(46)が26日、都内で新しい『金麦』に関する発表会に登場した。

 サントリービールが、“幸せな家庭の食卓に最もふさわしい新ジャンル”をコンセプトにした「金麦」を13年ぶりに中身やパッケージを刷新し1月下旬から販売。それに合わせてこれまでにメッセンジャーを努めている檀れいの新TVCM『金麦なのに新発売?』と、新しく木村を起用した新TVCM『新しい金麦』篇をそれぞれ27日より放送することとなった。

 今回の起用へ「13年という歴史もありますし、ファンのみなさんもたくさんいらっしゃると思うんです。リニューアルのタイミングにCMに出演させて頂くことは光栄に思っています。新しい金麦の姿を届けていければと思います」と、意気込んだ木村。

 この日はCMと同じくカジュアルなシャツにジーンズで司会から、イベント出演でこういったカジュアルなのは珍しいのではと声をかけられ、「普段は割とこういうのが普通ですよ。それに、きょうはベストジーニストの日ではなくて、金麦の日ですから」と、1994年から98年にかけてベストジーニストに輝き、殿堂入りしている木村ならではのお茶目なコメントで、会場を沸かせた。

 撮影については、「現場では監督やスタッフサイドのみなさんはいままでの方々で、僕は初めて参加するという感じで」と、できあがっている中に入っていくものだったそうだが、「基本いいですよ。すごくリラックスして、単純に商品がおいしいので、自然と楽しくなりますし、頂いているものもおいしいので、それを伝えればいいと。CMは単純に味わうことしか考えてなかったです」と、演技プランを交えて語っていた。

 その撮影できんぴらごぼうを食べるシーンもあるが、これを作ったのが木村が“ケイタリングのお母さん”と呼んでいる年配の女性だったそうで、「今日のメニューは何と聞くと『好きなやつだから』とその説明だけなんです」と、木村の好みを把握してしてくれているそうだ。

 金麦に合いそうな料理へは、木村は「シュパッとキレる感じで。いろんな料理を想像できると思いますけど、家庭料理が割と、シュポッと着地できるのではないかなと思います」と、思い浮かべてもいた。

 イベントでは、“ケイタリングのお母さん”が作ったというきんぴらごぼうも登場し、それをつまみに金麦を飲むことも。とはいえ、カメラマンたちに多数のフラッシュをたかれながらだったため恐縮気味だった。「新しい金麦を日本の食卓に愛されること、食事のお供にということで、僕からもみなさんに、伝えていきたいと思いますし、新しくなった金麦を味わって頂きたいなと思います」と、抱負を語っていた。

木村拓哉「金麦」CMメッセンジャーに起用!その衣装に「きょうはベストジーニストの日ではない」と茶目っけたっぷり3

場内にいた“ケイタリングのお母さん”へ今日の味を伝える木村

木村拓哉「金麦」CMメッセンジャーに起用!その衣装に「きょうはベストジーニストの日ではない」と茶目っけたっぷり1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする