堀田茜4K Ultra HD Blu-rayに大興奮で購入にも前向き!樋口真嗣監督の思い出には驚きも

堀田茜4K Ultra HD Blu-rayに大興奮で購入にも前向き!樋口真嗣監督の思い出には驚きも3

堀田茜4K Ultra HD Blu-rayに大興奮!

 タレント・堀田茜(25)、樋口真嗣監督(52)が21日、東京・千代田区のTOKYO FMホールでDEGジャパン主催『4K Ultra HDブルーレイ コンベンション』に登場した。

 4K Ultra HDブルーレイの市場での状況やその魅力について伝えるイベント。堀田と樋口監督は第2部のトークショーからの参加となった。

 堀田は『ラ・ラ・ランド』と『マリアンヌ』をBlu-rayで観ているそうで、「リアリティーのある映像と、高画質で繊細で驚かされました」と、感動するレベルでの違いを感じているといい、「『マリアンヌ』ではブラット・ピットが近すぎて(笑)」と、惚れ込んでしまうほどのよう。

 一方の樋口監督は「稼いだお金は殆ど使ってます(笑)。全部つぎ込んでいるんです。勘弁してほしいですよ。同じ作品を何度も買い直さないといけなくて」と、映像好きとしては、新しい規格の製品が出る度に買っていると告白。さらに、「昔映画をレンタルしてくると左右が切れていたんです」と、懐かしげに話して堀田を驚かせたり、新しい映像パッケージが出るたびに役者の表情がさらに鮮明になると話して堀田を感心させたりとトークを盛り上げていた。

 イベントでは2Kと4KのTVを並べて映像美の違いをレクチャー。堀田は画面を覗き込む様子も見せ「ここまで違うなんて。これ観ると、本当に戻れないです!」と、相当に違う様子をアピール。ちなみに普通のBlu-rayと4K Ultra HDとの点数の違いについては、堀田は「Blu-rayは120点ですけど、4KBlu-rayは300点くらいじゃないですか?」と、興奮気味。

 その後も、相当に映像美に魅了されたようで、「さっき裏で値段を聞いてしまうくらいで。20万円台と言われたのでお財布と相談して……」と、かなり前向きに検討しているよう。そこでクリスマスプレゼントをもらえるなら、「4K Ultra HDが欲しいです(笑)」とサンタさんにおねだりし、記者から「買ってくれそうな人はいない?」との問いには、「頑張って見つけたいです」と、笑いながら返していた。

堀田茜4K Ultra HD Blu-rayに大興奮で購入にも前向き!樋口真嗣監督の思い出には驚きも1

堀田茜4K Ultra HD Blu-rayに大興奮で購入にも前向き!樋口真嗣監督の思い出には驚きも2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする