堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」

堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」5

エッセイ『Stage For~舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』発売記念サイン会が開催

 舌がんで闘病中のタレント・堀ちえみ(52)が20日、東京・神宮前の青山ブックセンター本店 大教室でエッセイ『Stage For~舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』(扶桑社)発売記念サイン会に登場。がん手術後、初めて報道陣やファンを前に立った。

 今年1月に舌がんが発覚し、首のリンパ節にも転移があり2月に手術した堀。舌の6割以上を切除する大手術となり、4月には食道がんの手術を受けたことで知られている。そんな堀の苦しみや葛藤、体験を通してのことなどがつづられたものとなる。

 現在リハビリ中とあり、写真撮影以外の対応については、報道陣に直筆の手紙でメッセージとともに、事前に集められた質問状への返答のレジュメが配られる対応となった。

 ■直筆の手紙全文
 皆様 こんにちは。
 堀ちえみです。
 本日は私の「Stage For~」出版記念サイン会にお越しいただき、有難うございます。
 本当は私の口からご挨拶を申し上げるべきなのですが、文章によるメッセージになることを、お許しください。
 今年の1月に舌がんが見つかり、2月に手術を受けました。首のリンパ節にも転移があり、10時間以上の手術は想像を絶するほどの大きな手術でした。
 主治医の先生方を始めとする、医療スタッフの皆様のおかげで、こうやって皆様の前に立つことが出来ております。
 6割以上の舌を切除し、そこに太腿の一部を移植した為、まだ言語がおぼつかない状況です。
 この病気をして、失ったものは沢山ありました。でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちでいます。
 沢山の皆様に、まだ言葉で伝えられない分、一生懸命文字で綴りました。
 病気を通して、私が感じた事、ブログにも書けなかった事を全て正直に文字にしました。
 大勢の皆様が手に取って下さると嬉しいです。
 どうぞ宜しくお願いします。
 今後もリハビリを頑張り、1日も早く復帰出来ればと思っております。
 ありがとうございました。
 堀ちえみ

 以上全文

 がんになったときのことへ、「まさか自分ががんになるとは思っていませんでした。今までもいろんな病気を、時には受け入れ、時に寄り添いながらも、それなりに克服できたと思っていた矢先のがん告知は、まさに『晴天の霹靂』で、強いショックを受けました。がんという病は、私に今まで経験したことがないくらいの哀しみと苦しみ、挫折感、喪失感を与え、この病がにくいと、心底そう思いました。そんながんには絶対に負けない!という気持ちで、手術を受けました」と、当時を振り返る。

 本書を出版するきっかけになった理由へ「最初に観てもらった歯科医や内科の医師、リウマチ科の医師の診断で、口内炎だと思いこんでしまい、舌がんの発見が遅れてステージ4にまで至ってしまいました。私の経験をお伝えすることで、『口内炎が2週間以上治らなかったら、舌がんを疑った方がいい』ということを広く知っていただきたいという思いもありました」と、理由の一端を。

 現在2週間に1度、言語聴覚士の方による発声・発語のトレーニングを受けているという堀。「『らりるれろ』や『なにぬねの』など、舌を使って発生する言葉が難しく、『さしすせそ』や『ざじずぜぞ』『つ』など、舌を上あごにつけて風を作る音が、特に難しいです」と、苦労もあるそうだ。

 どんな人へ読んでほしいかへ「私のようにがんを経験された方や、今現在、病気と闘っている方、またそのご家族やご友人にもぜひ読んでいただけると幸いです。つらい闘病生活だけでなく、私がそれを乗り越えるのに助けられた家族の支えや、いろいろな方の励まし、また物事の捉え方についても書いています」と、思いを伝えている。

 エッセイ『Stage For~舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』は21日より1300円(税別)で発売。

堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」1

堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」3

堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」4

堀ちえみ 手術後初のファン前に登場で文章でメッセージや質問に対応「舌を使って発生する言葉が難しく」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする