【平昌五輪】スピードスケート 女子3000m高木美帆選手5位入賞!「この舞台で戦えるチャンスがあるということが強み」

【平昌五輪】スピードスケート 女子3000m高木美帆選手5位入賞!「この舞台で戦えるチャンスがあるということが強み」

平昌オリンピックは10日、スピードスケート 女子3000mが行われ、メダルが期待できる高木美帆選手(23歳=日体大助手)、佐藤綾乃選手(21=高崎健康福祉大)、菊池彩花選手(30=富士急)が登場した。

11組目で登場した高木選手は、スタートダッシュこそ、同組で滑ったアントワネット・デヨング選手(オランダ)をリードしたが、1周回ったあとから、デヨング選手の後塵を拝し、なんとか追いついていく展開。最後まで、食らいつき、平地での自己ベストを更新する滑りで、タイムが4.01.35で5位となったが、3位となったデヨング選手との差は01.33だった。

高木選手は、「同走の選手に勝っていたら表彰台に乗れたということで、同走に負けてしまったのはすごい悔しいところではあります。ただ、この舞台で自分のいま持っているレースで出せる力っていうのは、悔いなく出し切れたのかなというふうに思っています。その中で、自己ベストでのこの結果なので、まだ、上位をとる力がないんだなと受け止めています。
もっと、この先、明日以降のレースでできることはたくさんあるなぁと感じたので、ひとつの種目のチャンスは一回しかないですけど、この舞台で戦えるチャンスがあるということが、強みになっていくと思うので、このレースでの結果をムダにしないでいきたいなというふうにも思っています。
(もっとできるななと感じた部分。1500mに向けてはどういったところですか?)このリンクではスピードを出したほうが感じはいいなぁと思っているので、細かいところにはなってくると思うんですけど、まだ、感覚の部分でもう少し、表現は難しいんですけど、伸びていく感覚を求めているので、しっかりとそこを求めていきたいなと思います」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする