卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み2

卓球・江宏傑選手が「琉球アスティーダ」入団会見を開催!

 台湾・卓球の江宏傑選手(ジャン・ホンジェ、28)が22日、都内で『琉球アスティーダ』入団会見を開いた。

 2016年リオデジャネイロオリンピックに台湾男子卓球代表として出場し、日本の女子卓球の福原愛選手(28)と同年に結婚したことでも知られる江選手が、このたび13年4月に設立された卓球クラブチーム『琉球アスティーダ』へ2年契約で加入が決定。同チームでは、江選手の加入により2018年に発足予定の国内卓球リーグ『Tリーグ』に向けたチーム強化をしていくという。

 会見では『琉球アスティーダ』の外間政克監督から江選手へ加入の感謝を述べつつ、6月7日より開催される『平成29年度前期日本卓球リーグ松江大会』からチームに加わる予定といい「注目されているので重圧もあると思いますが、チームの柱として活躍してくれることを期待しています」と、メッセージを。

 江選手は、「みなさま、江宏傑ですよろしくお願いします」と、日本語であいさつした後に、「チームのためにより良い成績を取れるように、頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします」と、決意表明。そしてチームのオフィシャルスポンサーを務めているPeach Aviation株式会社のロゴが入ったユニフォームに袖を通し笑みを見せた。

 記者たちからは妻の福原選手の母国で活動していくことへ感想を求めると、「まず、日本が好きです」と、前置きしつつ「日本選手もハイレベルで、私に対してすばらしいバックアップを持っているので日本を選びました。お話が来たときにすぐOKしました」。福原選手は今回の話について、「愛ちゃんからも『日本でしっかりプレーして、成長していい成績を出せるように』と、励ましてれました」と、背中を押してくれたそうだ。

 その福原選手との結婚生活へ何かルールがあるのかとも質問が挙がったが、「特別なルールは決めていませんが、愛ちゃんは私が日本にいる間、全身全霊で私をサポートすることを中心にお願いしています」と、日本滞在中は夫婦“二人三脚”でさまざまなことに当たっていくそう。ちなみにベビーの予定などはないかと尋ねると、「これから分かり次第みなさまとシェアしたい」とも。

 日本語も勉強中で、「ずっと日本語を勉強していて、できる限り早く勉強してみなさんと日本語でコミュニケーションが取れるようにと思っています」という江選手に、最近覚えた日本語の単語へは、「『おなかすいた』です」と、明かし幸せそうにはにかむ姿も見せていた。

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み1

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み5

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み7

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み6

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み4

江宏傑選手

卓球・江宏傑選手「琉球アスティーダ」入団会見!妻・福原愛選手と“二人三脚”で幸せの笑み3

江宏傑選手

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする