京本大我と緊密距離!COACH×ananコラボムービー&写真

京本大我と緊密距離!COACH×ananコラボムービー&写真1

 アイドルグループ『SixTONES』京本大我がグローバルファッションブランド『COACH』(以下、コーチ)と雑誌『anan』とのコラボレーションにより制作された「COACH Holiday Special Movie」と「COACH Holiday Special Photo Story」に登場する。

 コーチでは、「いくつになってもワクワクしちゃう。ときめく、最高のホリデー」をコンセプトに、雑誌『anan』とコラボ。公開されたコンテンツでは、「コーチ 銀座」でのショッピングシーンを手始めに、京本との緊密な距離感での夢のようなホリデーデートを体感できる、まさに「心ときめく」スペシャルムービーとフォトストーリーが楽しめる。

 コンテンツを彩るのは、コーチのアイコンキャラクターである『Rexy(レキシー)』をはじめ、タイムレスなアメリカらしさとゴシックスタイルがミックスされた、プレイフルなアイテムの数々。スタイリングのポイントになる新作バッグや、大切な人とおそろいで楽しむスモールレザーグッズなども登場する。

 撮影の舞台の1つである、「コーチ 銀座」を訪れた京本は、「実際に商品が並んでいる中での撮影というのは新鮮」とテンションもあがったのか、撮影中も「この色かわいい!」「これも魅力的!」と、ショッピングを楽しむような姿も。撮影後も「リアルなストアで実際に商品がラインアップとして並んでいる中での撮影というのは新鮮でした。気軽に使えるようなシンプルなデザインのものなど、いろいろ見させていただいて楽しい時間でした」と振り返りながら、「洗練されていて、しかもポップなところもあるので、すごく使いやすそうですし、僕自身も、これ欲しいな、と思うものがたくさんありました」と、ホリデーコレクションにも興味津々の様子を見せる姿が。

 「これからも、ずっと一緒にいて」という、スペシャルムービー終盤のときめきワードに関しては、「ちょっとリードする男性というよりは、寄り添う男性のセリフは、僕としても無理をしていない言葉なので、すごく言いやすかったです」という京本。しかし、実際には「なかなかそんなロマンチックなことを僕は言えないので、素敵だなと思いました」と、話していた。

 京本へ、今回のスペシャルムービーのように、気になる人とのホリデープランを立てるとしたら、どんなものになりそうか質問。「小学生の時以来、スキーをやったことがなくて、今できるか自信はないのですが、久々に雪山を滑ったりしてみたいなっていうのが、憧れみたいな感じであります。だから、いいところを見せられるかは分からないけれど、気になる人とちょっとアクティブに冬を過ごしてみたいなって思います」と、思い浮かべる様子が。

 2022年のホリデーシーズンを迎え、京本へ、今年を振り返り、どんな1年だったかを尋ねると、「今年はグループとしてもライブを完走できたり、シングルをたくさんリリースさせていただいたりとかありましたが、個人としても初めてアニメ声優をやらせてもらったりとか、舞台も出演だけじゃなく、音楽まで担当させてもらったり、ドラマも撮影させてもらったりと、すごく充実した1年だったなと感じています」とのこと。さらに「こうなるとより欲が出てくるというか、自分の中でハングリー精神が強まってくるので、来年は自分で幅を狭めずに、もっともっといろいろなことにチャレンジ・挑戦して、自分を深めていけたらなと思います」と、さらなる飛躍を窺わせていた。

 「COACH Holiday Special Movie」は21日よりコーチ公式ホームページ(https://japan.coach.com/feature/holiday2022.html)にて、「COACH Holiday Special Photo Story」は、11月22日発売の『anan』2325号のバックカバーから始まる8ページに掲載される。

 ■「COACH Holiday Special Movie」ストーリー
 「最近買い物とかした?」と彼女と「コーチ 銀座」を訪れた京本。「段差気をつけて」と優しくエスコートしながら店内に入ると、目に留まったのはアイコニックな恐竜のキャラクター「Rexy(レキシー)」があしらわれたアイテムの数々。色違いの「カード ケース」を手にとったり、「クルーネック セーター」を合わせてみたりと、ショッピングを楽しんだ後は、場所を変えてカフェでひと休み。不意に話題を変えた京本が「ちょっと渡したいものがあるんだ」と言って取り出したのは、赤いリボンがかけられたCOACHのギフトボックス。中を開けて出てきた「カード ケース」に驚く彼女へ、さらに「じゃーん、おそろい!」と言う京本の手には色違いの「カード ケース」が。「これだったらペアで持てたりするのかな?」と囁いていた彼女へのサプライズプレゼントです。エスカレーターでビルの高層へ上がっていく二人。大きなクリスマスツリーの向こうには、東京の夜景が広がります。彼女に真っすぐに向き合い「これからも、ずっと一緒にいて」という京本さんの言葉に、大きく頷く彼女。心ときめく、最高のホリデーデートです。

 ※京本大我過去記事
 ・京本大我 佐々木大光“初対面”!「束の間の一花」座談会も開催
 ・京本大我「束の間の一花」第4話…「この恋に未来なんてない」
 ・京本大我「束の間の一花」にかが屋・賀屋壮也!話した内容とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする