高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催1

第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催

 『第30回日本メガネベストドレッサー賞』表彰式が11日、東京・ビッグサイト内で開かれ豪華受賞者が登壇した。

 1988年から毎年、過去1年を通して「最も輝いていた人」、「メガネの最も似合う人」を各界から先行して表彰するというもの。今年は政界部門から世耕弘成経済産業大臣(54)、経済界部門から岡藤正広伊藤忠商事代表取締役社長(67)、文化界部門から宮藤官九郎(47)、スポーツ界から吉田沙保里選手(35)、芸能界部門(女性)から土屋太鳳(22)、芸能界部門(男性)から高橋一生(36)、サングラス部門から森星(25)、特別賞『欅坂46』選抜メンバーとして小林由依(17)、菅井友香(21)、土生瑞穂(20)、守屋茜(19)、長濱ねる(19)が表彰台に立った。

 宮藤は個性がメガネによってより引き出されているということで選出。「自分でかけているからどんな感じか分かりませんが、ありがとうございます!メガネベストドレッサー賞というのを頂くことをおぎやはぎさんに言ったら『納得いかない!』と言われました。僕全然目が悪くなくて、今回こういう機会があったので、検眼してくださいとメガネ屋さんに行ってしてもらったら、『メガネ作った方がいいですよ』と言われました。これからメガネの人でいこうかなと思っているんです。これからお世話になると思うのでよろしくお願いします。そのうちメガネかけてないんですねと言われるようになりたいです」

 メガネをかけていることでさらなる魅力が引き出されるということで受賞した吉田選手。「実は中学校の頃からメガネをかけています。ファッションとしてもかけることが多くて、外出するときも変装のつもりでかけていても、バレてしまうので、変装のためにいいのがあれば。これからますますメガネを愛用していければ」

 プライベートでも10本メガネを持って、魅力をよりいっそう輝かせているとアナウンスされた高橋。「俳優の高橋一生と申します。このたびはベストメガネドレッサー賞を眼鏡協会の方からの支持を頂き、もらえたこととても嬉しく思っています。とても嬉しく思っているんですが……僕は視力が2.0で(笑)。でも、メガネは昔から使わせて頂いています。というのは、お芝居をするとき表情の1つになっているといまは思います。メガネ屋さんからも昔から勧められていたんです。サングラスを勧められたり『子供の頃と大人になって空の色が違いませんか?』と言われことを信じていて(苦笑)。でも、いまもとてもありがたく思っています。これからもずっとメガネを掛けさせて頂こうと思いますので、みなさんどうぞ1つのメガネという作品を作り続けてください」

 光り輝く美しい顔立ちにメガネが似合うということで眼鏡協会から多くの支持を得ての受賞となる土屋。「このような素敵な賞を頂き本当にありがとうございます!こんな華やかな席に立つことができて嬉しく思っています。実は主にプライベートでメガネを愛してまいりました。高校に入学したときから、視力が変化していなくて眼鏡は心強い相棒です。大切な記憶もメガネを通して、心に焼き付けてきましたし、節目となる作品でもメガネをかける役で、仕事におきましても大切な1本の相棒となっております。メガネってとても謎めいた魅力があると思うんです。それは、眼鏡が似合う人にも通じていると思うんですけど……現実だけでなくて、小説であったり、映画、コミック、あとはメガネを愛用する人は必ず魅力的でキーマンだと思うんです。それってメガネの魅力がなす技だと思うんですけど、本当の意味でメガネが似合うためには、メガネに負けない人としての魅力が大切なのかなと感じていますので、これからは公私共にメガネを愛しメガネに愛される女優となれるよう精進してまいりたいと思います」

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催2

高橋一生

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催6

高橋一生

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー3表彰式が開催

土屋太鳳

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催4

吉田沙保里選手

高橋一生、欅坂46らが受賞!第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式が開催5

宮藤官九郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする