森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい4

映画『嘘八百』完成披露試写会が開催!

 俳優・佐々木蔵之介、中井貴一が17日、東京・内幸町のイイノホールでW主演映画『嘘八百』(監督:武正晴/配給:ギャガ)完成披露試写会を女優・友近、森川葵、堀内敬子、俳優・前野朋哉、木下ほうか、塚地武雅、坂田利夫、芦屋小雁、近藤正臣、武監督とともに開いた。

 千利休に縁のある大阪・堺を舞台にした作品。大物狙いで空振りばかりの古物商・小池(中井)と、腕は立つが大御所鑑定士に一杯食わされ落ちぶれた陶芸家・野田(佐々木)が結託し、幻の利休の茶器を仕立てて一攫千金を狙うという物語。しかし、それは家族のみならず大御所鑑定士、文化庁まで巻き込んだ大騒動まで発展してしまい……。

 監督も含めて12人が一斉登壇するという舞台も狭く感じるほどの舞台あいさつに、中井は「僕の俳優がこれだけ登壇するというのは初めてです」と、率直な感想を。

 前野は撮影中「緊張感もありつつ、ほんわかした空気感でした」と言っていたが、その空気はこの日の舞台あいさつも出ており、坂田のボケがさく裂しまくる。坂田が「きょうの目的は結婚したいんです。今年は諦めたけど来年は絶対結婚!」というと中井が「師匠!舞台あいさつ!」とツッコミに回ったり坂田が作品へ「感動しますよ!優しい人ばかりで涙が出ます!」と伝えると、塚地が「師匠!騙す人ばっかりですよ!!」と、まったく真逆の意見が飛び、場内を爆笑させることに。ついには木下も「僕も結婚したいです」と乗っかりだしたりと、新喜劇のような笑いがガンガンに畳み掛けられるものとなった。

 そんななか森川は、本作の小説版が出ているということに触れた近藤へ「もっとキャラについて深く書かれているらしくて、この世界をもっと楽しみたいという人にオススメです」と、補足してきっちり進行させる。

 しかも、森川は作品にかけて今年大勝負に出たエピソードはないかと聞かれた際に、「今年頭にこの作品の撮影があるなかで、大勝負に出たオーディションがあったんです。その相談を貴一さんにしたら『お前なら大丈夫!』と言って頂いていて、でも、結果ダメだったんです……。その連絡を貴一さんにしたら、その返信が『良かったじゃないか』って来て、私は落ち込んでいたので良かったってどういうこと!?ってなて。続きを読んだら『落ちたことでほかのいい作品に巡り会えて、いまそのタイミングじゃなかっただけだと。それが自分のなかでこれからある仕事を頑張ろうって。そのおかげで、本当にいい作品にたくさん出会えてオーディションに落ちて良かったねという言葉を信じて。貴一さんのおかげです!」と感激したことを語り、ペコリと頭を下げる。

 すると中井は、「僕はメッセージを送ったときに純粋に良かったと思うんですよ。負けて勝つということがありますから。将来、まだ先でどこかで勝ちますから、今後も森川をよろしくお願い致します!」と、観衆に向け森川を大きく売り出し、温かな拍手が飛び交った。

 やりたい放題な登壇者が多く、笑いが絶えないものとなったが、最後に中井は「やっぱり舞台あいさつは5人まで」と、ぼやきつつも坂田と木下の結婚相手を呼びかける優しさを見せたり、佐々木からは「おもしろくてもおもしろくなくても嘘をついてでもみんなに観てくださいと伝えてください!」と、この作品らしいPRで締めくくっていた。

 映画『嘘八百』は2018年1月5日より全国ロードショー!

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい7

中井がさり気なく坂田と木下の結婚を言ってあげて拝まれる様子も

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい5

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい3

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい6

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい1

森川葵 オーディションに落ち中井貴一から「良かったじゃないか」と言われ感激のワケ?佐々木蔵之介らと映画「嘘八百」イベで和気あいあい2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする