福士蒼汰 桐山漣と“相思相愛”っぷりで「俺優しい人が好き」!中山優馬は「気が楽になって」と気遣いに感謝も

福士蒼汰 桐山漣と“相思相愛”っぷりで「俺優しい人が好き」!中山優馬は「気が楽になって」と気遣いに感謝も1

映画『曇天に笑う』完成披露試写会が開催!

 俳優・福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人が29日、東京・丸の内ピカデリーで映画『曇天に笑う』(監督:本広克行/配給:松竹)完成披露舞台あいさつを本広監督とともに開いた。

 漫画家・唐々煙氏が2011年からコミック連載していた同名作が原作で、14年にはTVアニメ化、15年からは舞台化もされるなどさまざまにメディアミックスもされている作品。明治初頭の滋賀県大津が舞台。国の平和を守ることを生業とする曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と呼ばれる長男・天火(福士)、次男・空丸(中山)、三男・宙太郎(若山)を中心とした魅力的なキャラクターたちが、それぞれの運命に挑んでいくアクションムービーとなる。

 昼の増上寺でのイベントと同じく和装で全員が登場。福士は本作の話が来たときのことへ、「自分が天火という大きい男を担えるかという不安は大きかったですね。原作を読んでいても、懐が大きいなと。自分自身そんな器ないぞと思っていたんです。でも、自分は笑顔でいること、笑顔で人と接することはできると思って、極的に人と話そうと思ってそういう意識のもと臨んでいましたね」と、共通する部分にしぼって臨んでいたそう。

 その積極的なおかげで、中山も助かったようで、「積極的に話しかけてくれて、気が楽になって。みんなを繋げる役割もしてくれるので、長男のような、自分に兄貴がいたらこんな感じなのかなって」と、思ってしまうほどだったのだとか。

 一方、三兄弟の長男としての福士へは、中山は「いやもうお兄ちゃんでした。大きいし、格好いいし。台本読みのところから『大丈夫か?兄貴』という感じで受け入れられましたね」というと、若山も「最年少なので脚を引っ張ることばかりだったんですけど、福士さんは僕を引っ張ってくれて。強い兄貴で身長が高くて、イケメンで、優しくて僕はずっと大好きです!」と、“長男”への愛を口にした。

 そんな若山へは、本日の登壇者のなかで本広監督を抜いて誰が好きなのかという質問が!こちらは昼のイベントでも質問に挙がり、本広監督と挙げてうまくかわしていたが、福士は「この中で誰が好きなの?今度こそハッキリしよう」と詰め寄り、大東も「マジなやつな!」と、プレッシャーをかけると、観念した若山は「福士さんです」と、場内で愛を叫んでいた。

 そんなキャスト陣について本広監督は、「みんなイチャイチャするんですよ。昼がそうだったから夜は禁止なって言って」というほど、仲のいいカンパニーだったよう。そのイチャイチャ感は、続けての登場人物のなかで誰が好きなのかを答えるコーナーでいかんなく発揮されることに。

 福士は桐山演じる金城白子だそうで、「男らしい人とかクールな人もいますけど、俺優しい人が好き」というと桐山も、天火と挙げ、「カップル成立かな?」と冗談めかすと、「明るく前向きな言葉をいろいろ発されるんで、ポジティブなことを言ってくれる人というので引き寄せられるというか明るい人がいいですね。男でも女でも」と、“相思相愛”っぷりを見せつける。

 ちなみに古川も「笑顔が素敵」ということで天火だったり、中山は大東演じる鷹峯誠一郎で「見るからに、明らかに強そうというのは惚れますね」というと、大東は「こんなに嬉しいと思わなかったですね」と、にっこにこだった。

 最後に福士から「日本が誇るスーパーエンターテインメントになっているので格好いい男がいっぱい出てきます。なんだろう……胸熱な映画だと思っています。最後の最後に胸熱になってもらえたらと思います」と、呼びかけていた映画『曇天に笑う』は3月21日より拡大ロードショー!

福士蒼汰 桐山漣と“相思相愛”っぷりで「俺優しい人が好き」!中山優馬は「気が楽になって」と気遣いに感謝も2

福士蒼汰 桐山漣と“相思相愛”っぷりで「俺優しい人が好き」!中山優馬は「気が楽になって」と気遣いに感謝も3

福士蒼汰 桐山漣と“相思相愛”っぷりで「俺優しい人が好き」!中山優馬は「気が楽になって」と気遣いに感謝も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする