キンプリ平野紫耀 主演映画「honey」初日で“108チャレンジ”ミッションコンプリート!高橋優から「カワイイ」で横浜流星へは「カワイイ」

キンプリ平野紫耀 主演映画「honey」初日で“108チャレンジ”ミッションコンプリート!高橋優から「カワイイ」で横浜流星へは「カワイイ」1

映画「honey」初日が開催!

 “キンプリ”ことアイドルグループ『King&Prince』の平野紫耀、平祐奈が31日、東京・丸の内TOEIで映画『honey』(監督:神徳幸治/配給:東映/ショウゲート)初日舞台あいさつを横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈、佐野岳、高橋優、神徳監督とともに開いた。

 漫画家・目黒あむ氏の同名作が実写映画化。赤く染めた髪と鋭い目つきで不良と恐れられるが、実は思いやりにあふれる料理上手な好青年の鬼瀬大雅(平野)と、ヘタレでビビリな女子高生・小暮奈緒(平)の、女の子が憧れるような甘い初恋が描かれたラブ・ストーリー。

 この日は映画の中でキーアイテムとして登場する「108本のバラ」にちなみ、全国108の劇場で舞台挨拶の生中継も実施!そこでキャスト陣・監督が自身の出身地の方言で公開初日を迎えた喜びを語るという遊び心満載なものに。

 平野は、愛知県出身とあって開口一番「僕、でら(すごく)平野紫耀です!」と元気にあいさつ。「僕名古屋出身なんですけど、今一瞬、名古屋弁を忘れるというハプニング……」と、これまでのイベントでもちょくちょく見せていた天然発言がさっそくさく裂!その後は「みなさんと一緒に楽しい時間を作れたらいいと思っとるで、でら楽しんで行こまい!」と、笑顔を見せた。

 一方、兵庫出身の平は「みなさんおはよう、平祐奈やで!今日はたくさん映画がある中から来てくれてありがとう、ほんまに嬉しいです。鬼キュンの準備はできてますか?」と、関西弁。神奈川出身ながら今日のために青森出身の父に方言のレクチャーを受けたという横浜は、「ひとりだば多くの方にこの作品が届くと嬉しいじゃ!」と、しっかりと練習の成果を出すことも。東北からは秋田出身となる高橋は、「普段は歌っこのほう歌わせてもらっとるんだども、今回初めて役者として銀幕デビューさせていただきました」と流暢な秋田弁を披露することもあった。

 主演作の初日を迎え平野は「やっとこの日が来たかという気持ちです。僕もはじめての主演ということで緊張して気合も入れて臨んだ作品で、みなさんに早く観てもらいたいなと思っていたので、反応が楽しみです」と、期待に胸を膨らませた。

 続いて、平野が本作のために挑戦中の“108のはじめて”の1つとして、 “はじめてのMC”に挑戦へ!キャスト陣と監督が、平野の仕切りのもとで撮影を振り返るものに。

 クールビューティーなかよ役を演じた水谷は、「クールな役なのに私はすぐ笑っちゃうんです。祐奈ちゃんを見ていると『かわいいなあ』と笑顔になっちゃうので、自分の気持ちを押し殺して演じていました」と、撮影時の意外な苦労(?)を暴露。MC平野は「なるほど、男にはわからない感情です!」と、即座に意見を披露していたが高橋からは「俺は紫耀くんを見てかわいいなあと思うよ」とフォローが入り、会場は大爆笑!

 内気な転校生・雅役の浅川は、「あまり笑わない役なのに、共演シーンで平野さんが笑わせてきたので、そこはやめてほしかった!」とまさかのクレーム!?対する平野は「僕も鬼瀬として雅ちゃんを笑わせようと、監督の指示でおしゃべりをアドリブで頑張ってたんですよ!」と、努力していたという裏話が。ちなみにそのアドリブは、犬のトイレの話だったそうだ。

 高橋に話が振られる際には、高橋からいきなり平野になぞなぞ出題が!「魚売り場の端っこに置かれている魚は?」という問いかけだったが、「正解は『さば』です。“『さ』かなうり『ば』”の端っこにあるから!」と、ステージはまさかのなぞなぞ大会へ。実は今回でこの問題を出されるのは3回目という平野は、正解できず「問題は覚えているんだけど、答えをいつも忘れちゃう」と、マイペースなコメントで会場を笑わせていた。

 原作人気も高い三咲渉役を演じた横浜は、横浜史上最も可愛いと評判の自身の演技について「自分はかわいくないと思っていたけど、みんなが可愛いって言ってくれるから、だんだん自分でも可愛いのかなと思えるようになりました」と語り、平野も「普段は男らしいのに、渉役はかわいかった!」と、太鼓判。

 かよの大学生の彼氏・郁巳を演じた佐野は、「郁巳は素行は悪いけど大学生なので、どこかインテリジェンス。監督と話しながらアイテムもただのタバコじゃなくて電子タバコを提案したり、僕の私物のメガネを撮影で使用したり、原作とはまた違うキャラクターに仕上げてみました」とこだわりを語り、これには平野も「岳くんは普段のキャラと全然違うので、ぜひ注目してほしいですね!」と見どころとしてプッシュ。そのまま神徳監督にまで話を振り切りMCも完遂となった。

 そして以前から予告していた“108個のはじめて”がどれくらい達成できたのかリザルトの発表へ。中には平野が知らない内に達成していた“はじめて”もあったようで、「楽屋で座布団に座っていたら、突然スタッフさんに『飛んで!』と言われて、“座布団だるま落とし”に挑戦していた」と、唐突すぎるチャレンジや、はじめてのものまねでは壇上で再現。果ては、大阪の舞台あいさつでは関西弁でのプロポーズに初挑戦したが、この日は中継を通して全国のファンも見ているということで、特別に標準語でのプロポーズを実施。「俺と、結婚を前提に付き合ってください」と鬼瀬の名台詞を生披露し、会場からは歓声と共に、思わず聞き惚れたファンたちのため息が飛び交った!

 イベントのラストでは、最後を締めくくる108個目の“はじめて”として、ミッションコンプリートと映画公開初日を祝い、登壇者全員でくす玉を割ることに。平野さんの「映画『honey』」の掛け声に合わせ、観客全体で「鬼キュン大ヒット!」と声をそろえると、盛大にくす玉が割られ会場の盛り上がりは最高潮!

 これから映画を観る全国のファンに向かって平野は、「僕自身初主演で頑張ってきて思い入れのある作品になったので、みなさんに何か1つでも届いたらいいなと思います。上映中はなるべく瞬きなしでお願いします!みなさんがたくさん鬼キュンしますように!」とメッセージを贈っていた。

 映画『honey』は絶賛公開中!

 ※記事内写真は(c)目黒あむ/集英社 (c)2018「honey」製作委員会

キンプリ平野紫耀 主演映画「honey」初日で“108チャレンジ”ミッションコンプリート!高橋優から「カワイイ」で横浜流星へは「カワイイ」4

キンプリ平野紫耀 主演映画「honey」初日で“108チャレンジ”ミッションコンプリート!高橋優から「カワイイ」で横浜流星へは「カワイイ」3

キンプリ平野紫耀 主演映画「honey」初日で“108チャレンジ”ミッションコンプリート!高橋優から「カワイイ」で横浜流星へは「カワイイ」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする