木下優樹菜 東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!夫・藤本敏史の「良くないギャップ」とは?

木下優樹菜 東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!夫・藤本敏史の「良くないギャップ」とは?4

木下優樹菜が東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!

 “ユッキーナ”の愛称で親しまれているモデルでタレント・木下優樹菜(30)が14日、東京スカイツリー天望デッキで『TOKYO SKYTREE(R) HEROES in the INFINITY SKY』イベントに登場した。

 先月27日に全国公開された『アベンジャーズ』シリーズ最新作、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ/配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)公開を記念し、東京スカイツリーとコラボ!地上450メートルの東京スカイツリー天望回廊にてアベンジャーズたちの紹介が等身大で楽しめる館内装飾やフィギュアの展示、本作をイメージした特別ライティング(5月31日まで)、特設ショップでのオリジナルアイテムの販売、展望台内のカフェでのオリジナルメニューの販売、東京スカイツリーの館内を中心にめぐるスタンプラリーなど盛りだくさん!そんなイベントが14日から7月16日の期間に展開されることとなり、マーベル・スタジオ作品のファンを公言している木下がゲストとなりトークを行うものとなった。

 ワンショルダーのドレス姿で登場した木下。東京スカイツリーは「地元が近くてきのうも家族で来たんですけど、きのうは雨で天望デッキまで行けなくて」と、少し寂しかったそうだが、本日は快晴とあって気分も晴れ上がっているそう。

 『アベンジャーズ』好きということで、その熱さを披露してもらうこととなり、「観ていないスタッフにプレゼンして18作品見たスタッフもいるんです。マーベルのヒーローたちが集まったオールスター感がすごじゃないですか。スペシャル感が好きで、ぜい沢ですよね。トニー・スタークが好きで、スーツ着る前は女好きでおちゃらけってますけど、スーツ着たらやってくれて、ギャップが好きなんで、どっちも好きですね。それに、1人1人のここまで来るまでの過去をやるじゃないですか。それについて話をするのも好きなんです。娘も旦那も大好きなので、私が分からないことを旦那に聞いて旦那がすごく調べて教えてくれたりとか。娘が寝た後にもう1回観たりしますね」と、存分に語りまくった。

 特別展示へは、事前に観たそうだが「興奮しっぱなしで楽しかったです。ポイントポイントでめちゃめちゃ楽しいんです!アイアンマンの目線になれるビュースポットがあってそこで写真を撮れたりとか、すごく楽しめると思います。パネルとか等身大フィギュアとかあるので、また家族で行きたいなって」と、テンションも高かった。

 終了後の囲み会見では、「本当に好きだから仕事だと思っていなくて」と、楽しげ。アイアンマンと夫の『FUJIWARA』藤本敏史とどっちが格好いいかへは即答で「アイアンマン」と答え、「この前話し合いの課題として、やる時やる男になれと言ったので、そうなったら嬉しいなという希望がありますね」と、トニー・スタークとアイアンマンような方向を目指してほしいと伝えたのだとか。

 そこで、藤本のギャップエピソードも尋ねると、「テレビではすっちゃかめっちゃかうるさいと思いますけど、家ではお地蔵さんのように静かです。逆の良くない方のギャップですね(苦笑)」とのことだった。

 最近の藤本家への質問は続き、先日母の日に何かあったのかへは、「次女と長女がスクールで手作りで作ってきたものと、私が家にいないところで一生懸命ママの絵を描いてくれていて。あとは旦那からカーネーションもらいました。旦那へは母の日だぞというジャブをうっていて、そういう画像を送っていたんですけど、動いてくれたのが嬉しかったですね」と、とりあえず仲良くやっているようだった。

 記念撮影でもアイアンマンとキャプテン・アメリカに挟まれて「ナターシャになった気分!」と、上機嫌だった。

木下優樹菜 東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!夫・藤本敏史の「良くないギャップ」とは?2

コラボドリンクはキャプテン・アメリカのものをとることに

木下優樹菜 東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!夫・藤本敏史の「良くないギャップ」とは?3

木下優樹菜 東京スカイツリー天望デッキで大好きなアベンジャーズ語りまくり!夫・藤本敏史の「良くないギャップ」とは?1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする