藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」

藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」5

藤田恵名がバースデーライブ『もうきている』を開催!

 歌手・藤田恵名(27)が6日、東京・新宿BLAZEでバースデーライブ『もうきている』を開き800人の観客が集まった。

 “いま、一番脱げるシンガーソングライター”というキャッチフレーズでバラエティやグラビア、女優など幅広く活動する藤田。今月7日に誕生日を迎えることから開催となった。

 報道陣向けでの取材では、自身過去最高のキャパを誇る会場ということで「携わってくださる方が多くてプレッシャーも多いです」と、大変だったよう。イベントタイトルは「いま私に波が来ているのか、服を着ているのかというダブルミーニングになっていて、ジャケットを着て、『恵名ちゃんここからは服を着るスタイルなのかな?』って思わせる感じで、反応を伺いたいなって気持ちでした」と、気持ちを。

 ライブ中には“いま、一番脱げるシンガーソングライター”という言葉を商標登録へ向けて動き出すことも発表。これに藤田は、「小学校、中学校のときから虎視眈々(こしたんたん)と特許を取ってみたいと思っていたんです。特許より商標登録をしたいなと思って、自分しかできないオリジナリティーを追求してきたので、私はこのキャッチに本気だぞということを知らしめたいなと」と、意気込んだが「いま、誰かに盗られるんじゃないかとソワソワしているので、役所に聞きに行こうかと」と、急ぎたい様子。

 ちなみに、キャッチフレーズについては「“いま”を漢字にするのか“1番”をひらがなにするのか自分のなかでごっちゃになってるので、これを機に統一したい」と、正式なものも決まるようだった。

 さらに、藤田には野望があるそうで「私、普段ビキニでライブをしているんですけど、水着メーカーさんとコラボしてみたい。自費で水着買ってるんです。あわよくば、タイアップでいろんな水着を着たいので、水着メーカーさんよろしくおねがいします!切実です。お待ちしてます」と、大きく宣伝するちゃっかりした一面も見せていた。

 ほかにも翌日28歳を迎えるが、「歳取って姿勢が丸くなったねとか言われるのがちょっとつまらないので、歳を重ねるにつれて、とんがって行こうとも思いつつ、攻めの姿勢を忘れないようにしていこうと思います」と、前向きに語ったり「新しい肩書を増やしたいと思います。需要があるか分からないですけど、水着とかも」と、欲を見せていた。

藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」1

藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」3

藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」4

藤田恵名 バースデーライブ後に役所へ行こうとするワケ?キャッチフレーズは「これを機に統一したい」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする