安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」1

 プロフィギュアスケーター・安藤美姫(30)が26日、都内でソースネクストの通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」新商品発表会にものまねタレント・原口あきまさ(42)とともに出席。「小さくて持ち運び安い。74カ国の言葉が入っているので、海外が不安な方にはオススメ。片言英語でも聞き取って訳してくれる心強さを持った”ポケトークちゃん”があれば、東京五輪でも海外の人たちの手助けができて、盛り上げていける」としみじみとPRした。

「ポケトーク W」はボタンを押して話しかけるだけで指定言語に訳して音声で返してくれる、お互いに相手の言語を話せなくても対話ができる夢の”通訳機”の次世代モデルで、74言語に対応。

 この日「一般的に好感度がよくないのに呼んでいただけて光栄」とのっけから自虐な安藤だったが、すっかりお気に入りの”ポケトーク”については「自分が話した言葉をすぐ読み込んで、訳した言葉も表示されるし、機械の声だけど聞き取りやすい。それに機械が苦手の私でも簡単に操作できる!おもしろすぎて、自分の話したロシア語がちゃんとあっているのかとか変換してみた」と熱気ムンムン。「英語は独学で文法とかめちゃくちゃ。なので、もうちょっと(ポケトーク)を早く出してくれていたら、もっとちゃんとコミュニケーションがとれていたかも。辞書引くより喋って覚えた方がいい人にはこっちの方が断然早い!海外のでの買い物や食事のときにポケトークひとつあれば簡単にコミュニケーションがとれる! 東京五輪で日本にいろんな国の人が来てくれると思うので、おもてなしの意味で持っておいてもいいのかなとも思う」と持論を展開した。

 この日は、ポケトークの新CMに出演する明石家さんま(63)にちなんで、さんまのものまねでおなじみの原口が途中から参戦。出っ歯をつけた”さんま”トークを展開し、安藤を爆笑させたが、「英語が苦手で海外に行ったときにご飯とかお土産買うときに困ってストレスになるので、ポケトークがあればお父さんの株があがるかも」と感激モード。

 旬の話題である三浦翔平(30)と桐谷美玲(28)の結婚については、原口が「オレに聞く? 帰ってくることがあれば迎えに行くよ」と”さんま語”で祝福!? その心を問われると「ニセモノなのでツッコまれるとこの業界にいられなくなるから」と苦笑い。一方、桐谷と一度共演したことがあるという安藤は「顔が小ちゃくて静かでおしとやかな方。美男美女の素敵なカップル。幸せになってほしい」とエール。ここで、原口が「僕も6月に第4子が生まれたんですけどね。誰も取り上げてくれなかった」とボヤいたが、夫婦円満の秘訣については「だんなさんが洗い物をしておいたほうがいい。あとはコミュニケーションをとること。わが家は”一日一笑”がテーマで、きのうは4男坊のおならで笑った。おならって最強」と場内を和ませていた。

 9月7日発売、価格2万6870円。

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」2

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」3

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」4

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」5

安藤美姫

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」6

原口あきまさ

安藤美姫、「一般的に好感度がよくないのに…」と自虐も原口の”さんま語 “に大爆笑!「おもてなしの意味でも持っておいていい」7

ノリノリポーズ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする