風間俊介 ウォルト・ディズニー・アーカイブス展内覧でディズニー愛が爆発!「こんな機会が人生にやってくるなんて幸せ」と熱弁

風間俊介 ウォルト・ディズニー・アーカイブス展に愛情爆発!「こんな機会が人生にやってくるなんて幸せ」と熱弁3

風間俊介 ウォルト・ディズニー・アーカイブス展に愛情を爆発させることに

 俳優・風間俊介(35)が31日、東京・松屋銀座8階のイベントスクエアで『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』オープニングイベントに登場した。

 1970年にウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する資料の収集・保存、資料調査部門として米カルフォルニア州バーバンクに設立されたウォルト・ディズニー・アーカイブス。同所には1万箱を超える文書とグッズ、400万点にわたる写真、1万2000冊の本、数千点の衣装と小道具を確保していることで知られる。このなかから『美女と野獣』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』などの映画で使用された衣装や、日本初公開を含む貴重な資料を420点展示するというもの。風間は大のディズニー好きということからゲストとなった。

 「チャコールグレーのスーツで登場させて頂きました」と、笑顔で現れた風間。ディズニーのファン歴へ「35歳になるんですけど、ディズニー歴は35年になると思います」と、言い切りその愛の強さを見せる。

 ディズニーについて1言で表すよう声がかけられると、「1言ではなかなか表せないですけど、ウォルトのイマジネーション、アニメーターたちのイマジネーションからスタートしたと思います。クリエイターたちの歴史が詰まっていると思います。芸術を愛する人達に観てほしい」と、しみじみ。

 すでに内覧会を周ってみたという風間だが、「いま抑えているんです。本当に興奮があふれ出ちゃって大変です」と、胸のあたりをおさえつつ、「これを逃したら2度と観れないんじゃないかというものがたくさんあって、実物を観たら圧倒されるというものがいっぱいあるんです!こんな機会が人生にやってくるなんてと思っています!幸せです!!」と、愛情を爆発させる。

 続けて、具体的に「すべてが見どころですけど、最初に出会うミッキーの歴史ですね。ウォルトが『すべては1匹のネズミから始まった』と言うんですけどミッキーが積み重ねてきた積み重ね。自分の歴史と一緒に観てもらえると思うんです。すべてのディズニー作品を愛していますけど、そのスタートはやっぱりミッキーからだったんだなというのを感じました。それとウォルト・ディズニーのデスクが再現されているんです。歴史が匂ってくるようなデスクだったと思います」と、アピールしていた。

 トークでは自身が初めて購入したというディズニーグッズの話題へ。映画『ノートルダムの鐘』を観たときに下敷きを買ったという風間だが、実は本展覧会でも展示されているといい「出させてもらったのは大事に使っていたものです。いまならそれは使わないで大事にとっておいてくれと言いたい!(苦笑)。でも、僕が大事にしてきたので、観てほしいと思います」と、思い入れのある一品なのだそうだ。

 この日は、会場入口にもある5体のミッキーの人形がプレゼントされ思わず「うわー!(笑)」と、喜びいっぱいといった声をあげ、「すごい素敵な贈り物を頂きましたありがとうございます!」と、ニッコリだった。

 「時間が許すんだったら3時間しゃべれます。観て頂いて、観た方と語りたいです」と、風間が大興奮していた『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』は8月1日から同20日まで東京・松屋銀座8階のイベントスクエアにて!

 ※記事内写真は(C)Disny

風間俊介 ウォルト・ディズニー・アーカイブス展に愛情爆発!「こんな機会が人生にやってくるなんて幸せ」と熱弁1

「これに合わせたんですよね?」と思わずしゃがむ風間

風間俊介 ウォルト・ディズニー・アーカイブス展に愛情爆発!「こんな機会が人生にやってくるなんて幸せ」と熱弁2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする