嵐・櫻井翔 ラグビーでタックルの“フリ”の思い出にはにかむ!舘ひろしは「気さくなお兄さん」

櫻井翔 ラグビーワールドカップ2019の1年前イベントに登場!ラグビーボールを受けて笑顔もに登場2

 アイドルグループ『嵐』の櫻井翔(36)が20日、都内でラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会『1YEAR TO GO KICK-OFF EVENT~1年前記念イベント~』に俳優・舘ひろし(68)らとともに登壇した。

 2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の機運醸成を目的に、開幕1年前となるこの日にキックオフイベントを開催。櫻井は先日ラグビーワールドカップ日本大会の日本テレビ中継スペシャルサポーターに就任したことが発表されていた。

 イベント序盤にはKICK OFFアクティビティーが行われ、櫻井がボールを受ける様子を見せることとなった。

 その後、櫻井、舘、ラグビーワールドカップ2019アンバサダーの大畑大介氏、日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏を交えてトークへ。1年後に迫った大会へ櫻井は「本当にワクワクしますね。1年後が本当に楽しみです」と、期待を寄せる。

 櫻井にとってラグビーのつながりも質問が。「はなはだ僭越ですけど、小学生のときに2年間だけやっていたんです。僕の出身高である慶應義塾大学の蹴球部はラグビーのルーツ校なんです。ラグビーは特別なものというのがあって、大学の蹴球部の方たちはタイガージャージという黄色と黒のジャージがあるんですが、あれを小学校の部活だけ唯一着られるんです。それが格好いいなって入っていたんです。でも僕は小5のときは130センチくらいしかなくて、すごい小さくて試合が怖くて怖くて(苦笑)。タックルの練習もしていましたけど、試合だとタックルするフリとかしているような感じで。僕はスクラムハーフというポジションでしたけど、パスをつなぐ楽しさもありましたし、練習がキツければキツいほど、仲間というのは結びつきも強くなって。僕の2つ上の先輩だったり、1つ下の後輩だったり日本代表で活躍していた選手もいましたね」と、振り返りつつ、「そんな僕がこの場に呼んで頂いたことが光栄です」と、感激したそうだ。

 続けて、櫻井を司会にした質問コーナーも展開しつつ、時間も少なかったということで「1年かけてゆっくりお伺いしていきます」と、今後への活動を誓った。

 さらに会見後、質疑応答にも参加した櫻井。ラグビーワールドカップと言われて思い浮かぶものはないかと問われ、「世界3大ワールドカップと言われていますけど、東京のみならず日本全国で行われますし、すごい大きな大会が日本に来ることを嬉しく思っています」と、スケールの大きさをアピール。

 ほかにも、舘と櫻井にお互いの印象はどうかという質問も寄せられたが、舘は「(印象が)良すぎて嫉妬しますよね。頭も良さそうだし」と、軽口を叩くと、櫻井は恐縮気味だったが、「本当に素敵ですよ。素のときでも舘さんは『舘ひろし』という感じなんです。僕が持っていた印象よりかけ離れてフレンドリーに話して頂けますし、お会いする前は素敵なオジサマという感じでしたけど、いまは気さくなお兄さんという感じです」と、打ち解けてきたよう。すると舘も「目指すはマブダチですから」と、からりと笑っていた。

 「僕もいちファンとして開催を楽しみにしています。ラグビーに興味がなかったり知らない人の一助になれれば」と、意気込んでいた。

 また、会見では舘がPRキャプテンに就任したことも発表し、Twitterを開始することも明かされた。

 ※追記に伴いタイトルも変更しました。

嵐・櫻井翔 ラグビーでタックルの“フリ”の思い出にはにかむ!舘ひろしは「気さくなお兄さん」3

嵐・櫻井翔 ラグビーでタックルの“フリ”の思い出を披露することも

櫻井翔 ラグビーワールドカップ2019の1年前イベントに登場!ラグビーボールを受けて笑顔もに登場1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする