舞台版「家庭教師ヒットマンREBORN!」ゲネプロ開催!リボーン役・ニーコ「アクションがすごい」とアピールやツナのパンイチ熱演も

舞台版「家庭教師ヒットマンREBORN!」ゲネプロ開催!リボーン役・ニーコ「アクションがすごい」とアピールやツナのパンイチ熱演も3

舞台版「家庭教師ヒットマンREBORN!」ゲネプロ開催!

 「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」(脚本・演出:丸尾丸一郎)ゲネプロが21日、東京・天王洲銀河劇場行われリボーン役のニーコ、沢田綱吉役の竹中凌平、獄寺隼人役の桑野晃輔、山本武役の山本涼介、雲雀恭弥役の岸本勇太、六道骸役の和田雅成らが仕上がり具合を披露した。

 漫画家・天野明氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載し、アニメ化もされた同名作が舞台化。やることなすこと何もかもがダメダメな“ツナ”こと中学生・沢田綱吉の前に謎の赤ん坊家庭教師にヒットマンのリボーンが現れる。リボーンの目的はツナをマフィアの10代目ボスとして教育することだった。リボーンからの「死ぬ気」の修業をすることになり、個性的すぎる面々に囲まれドタバタとした日常を送っていくことになるのだが、ある日学校の生徒たちが連続して襲われるという事件が発生することになり……。

 ゲネプロ前に囲み会見が開催となり、キャスト陣も舞台衣装で報道陣の前に現れることに。

 リボーン役のニーコはアニメ版でもリボーン役を務めているが、今回の話が決まったときのことへ、ニーコは「声優デビュー作だったので、とくに思い入れがあって、大事な作品だったんです。アニメと原作の連載が終わった後も、またいつかどういう形であれ、復活したらいいなと思っていたら『舞台化します!』と、電話が来て。そのとき、本編中にありますけど“復活”と書いて“リボーン!”という感じで叫ばせて頂きました。今度は、衣装も心も、リボーンになりきれるので、すごい喜びでした」と、感慨深げにコメント。

 ほかのキャスト陣はリアルタイムで連載を読んでいたそうで、竹中は「僕でいいのかなと驚きましたけど、死ぬ気になったときの“パンイチ”になるのとかどうするんだろうという期待があって」と、本作の特徴の1つであるツナがパンツ一丁になって蘇るシーンを想像して胸を躍らせたといい、桑野も「自分への期待感と勝負できる役だなと感じました。死ぬ気になって役作りに取り組んだつもりです!」と、気合を入れてきたそうだ。

 けいこへニーコは「ほぼ1ヶ月けいこがあったんですが、毎日、全キャスト一丸となって熱く、熱くけいこをしてきました」と、熱量がすごかったようで「全員で作品をリスペクトしていて、世界観だったり大事なものは絶対に壊さないように、大事に大事にしてきました。熱苦しさと、繊細さを本番でお見せできればいいなと思っています」と、意気込みを。

 見どころとして、ニーコは「本当の人間がやったときにキャラクターの魅力だったり、アクションがすごいことになっています。早くみんなに観てほしいというくらいです」と、自信を見せたり、桑野個人としては「10代目(ツナ)です!けいこ場から弱音を吐かずに、必死に取り組んできた姿が出ていると思います!」と、竹中の熱演を猛プッシュしていた。

 ちなみに、そんなアクションを可能にしたのも桑野は「キャスト全員が家族のようで、仕事仲間として刺激しあって、すごく愛を感じる現場です」と、結束にあるようだった。

 ゲネプロでは、人間がキャラクターを演じることでならではの掛け合いや、息遣いを感じられるものとなっていた。

 「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」東京公演は21日から30日まで天王洲銀河劇場にて、大阪公演は10月3日から同6日まで大阪メルパルクホールにて上演!

 ■出演
 リボーン:ニーコ
 沢田綱吉:竹中凌平
 獄寺隼人:桑野晃輔
 山本 武:山本涼介
 笹川了平:上杉輝
 ランボ:KIMERU
 雲雀恭弥:岸本勇太
 六道 骸:和田雅成
 城島 犬:椎名鯛造
 柿本千種:稲垣成弥
 M・M:平山りの
 ランチア:川上将大
 笹川京子:伊藤優衣
 三浦ハル:永島聖羅
 ビアンキ:豊田真希
 フゥ太:熊谷魁人
 アンサンブル:峰ゆとり 有田杏子 衣笠友裕 近藤 綾

舞台版「家庭教師ヒットマンREBORN!」ゲネプロ開催!リボーン役・ニーコ「アクションがすごい」とアピールやツナのパンイチ熱演も2

舞台版「家庭教師ヒットマンREBORN!」ゲネプロ開催!リボーン役・ニーコ「アクションがすごい」とアピールやツナのパンイチ熱演も1

会見も開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする