沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」

沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」5

映画『食べる女』イベントが開催!

 女優・小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、壇蜜が22日、東京・丸の内TOEIで映画『食べる女』(監督:生野慈朗/配給:東映)公開記念舞台あいさつを原作者の筒井ともみ氏、生野監督とともに開いた、

 本作は作家・筒井氏が8月末に刊行した短編集『食べる女 決定版』(新潮文庫)を、筒井氏自身が脚本を手がけて映画化した作品。<食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観をさまざまな8人の女たちの日常を通して描いている。女優キャストも豪華だが男性キャストもユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、『ORANGE RANGE』RYO、『頭脳警察』PANTA、眞木蔵人と、そろい踏みにもなっている。

 筒井氏は最初から本作の主人公は小泉をあて書きしたという話が明かされ、「筒井さんのお書きになる物語は、女の人を肯定していながらもぬるくはなくてとんがってて突き抜けているんです。そいうモデルは作られにくいのかなって。この映画に出るってことはある種のチャレンジに受け止められたので、本当は上手に演じられればと思って」と、心情を吐露しつつ、「また、女同士でたくらんで、筒井さんと何かできるようにと考えています」と、今後へと胸を弾ませた。

 沢尻には相手役のユースケとの撮影へ質問が挙がり、「美容が趣味で、『あの美容機器すごいよね!』とか、なんでそんなに知ってるですか!?というくらい知ってて、ギャップがあって。2人の絡みのシーンのときも、顔に美容機器を使ってきたらしいんですよ。相当面白かったですね」と、興味を引かれる存在だったようだった。

 さらに、広瀬へは、幸せで満たされているときはいつかという問が。これに広瀬は「筋トレするのが好きで、筋肉がプルプルしてもう無理、これ以上は無理というところが好きですね」と、斜め上の答えを出し、沢尻も思わず「マゾ?」と、問いただして爆笑させた。

 イベント中盤には、作品にちなんで自分は“何女”なのかフリップで答えていく、コーナーも開催。小泉は“つなぐ女”としたため、「36年お仕事をしてっ来て恩師や偉大な先輩の背中を見てきて、次の世代につないでいかなきゃいけない世代なんだろうなって」と、しみじみ。

 すると、沢尻は「本当に“ねえさん”についていきたい!勉強できるところをいっぱいしていきたい!」と、さっそく“つながった”瞬間を見せ、小泉は「しっかりしないといけないよ」と、呼びかけることも。

 その沢尻は“食べる女”としたためていたが、「原動力というか、おいしいものがあるからこそ頑張れるところがあるんで。家で食べるのもいいですけど、ごはんに行ったり女子会したりが私は好きですね」と、食事の大切さを話し、「結構和食を食べさせて頂いて、自分で和食を作れるようになりたいなって」と、目標も挙げていた。

 映画『食べる女』は公開中!

沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」2

沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」3

沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」4

沢尻エリカ 小泉今日子から「しっかりしないといけないよ」とアドバイス!広瀬アリスの斜め上の回答に思わず「マゾ?」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする