庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!“ミキティー!”の絶叫の真実に報道陣驚き

庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!

 お笑いコンビ『品川庄司』庄司智春(42)とタレント・藤本美貴(33)夫妻、俳優・陣内孝則(60)と陣内恵理子(55)夫妻が12日、都内で『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』記者発表会に登場した。

 11月22日のいい夫婦の日の啓蒙活動の一環。今年は結婚31年で毎年、恵理子の誕生日にはバラの花を贈っているという愛妻家の陣内と、今年結婚10年目で、2人の子供を育て素敵な家庭を築き、いつまでもこんな中の良い夫婦でありたいという仲睦まじさから庄司と藤本夫妻が選出となった。

 表彰式でも庄司と藤本はたびたび目を合わせて笑い合うなど、いい雰囲気を見せたり司会から促されおなじみの「ミキティー!」と、妻の愛称を叫ぶネタを見せ2人でお辞儀したり、一方陣内夫妻はといえば、恵理子が一歩下がって孝則を引き立てるなど、それぞれの夫婦らしさを見せることとなった。

 受賞へ庄司は、「こんな素敵な賞を頂けると思わなかったんです。結婚した当時、すぐ離婚しそうなカップル第2位だったんですよ。離婚するだろうなと言われながら10周年になって。僕はまだドッキリだと思っています。陣内さんがどっかのタイミングでキレだしたらドッキリだと思うんですよ。でも、この受賞も奥さんのおかげだと思いっていますので、これからも夫婦生活を頑張っていきたいと思います」と、スピーチしつつ、「この賞があれば、ケンカをしても俺たちは『いい夫婦なんだぞ!』って交渉の盾にできますし、これで離婚できないですよ」と、ニンマリ。

 ちなみに藤本へ庄司は「めちゃめちゃカワイイんですよ。僕は本当にカワイイと思っているんです。付き合った時は『モーニング娘。』を脱退させてしまったという責任感もありました。でも、『モーニング娘。』10周年のライブとのときには、『庄司!』コールをしてくれるまでになって。ネットでは同じ女を愛した男だからということで、認めてもらえのかなと思います。今の気持ち?『ミキティー!』ですよ!」と、会心の笑みを浮かべた。

 陣内は「素敵な賞を頂いてありがとうございます。女房に逃げられないように、そのことに軸足を置いて芸能生活をしていきたいと思います」といい、恵理子夫人は夫婦が長続きするコツへ、「あまり鑑賞しすぎないこと、無駄な詮索をしないことですね」と、明かすことも。

 対称的に藤本は、「いい意味で、ケンカをいっぱいするということはあります。それに以前は週刊誌の人たちが敵だと思っていましたけど、いまは何かあると撮ってもらえるので」と、メディアに呼びかけつつ、「あとは愛情表現をしっかりすることだと思います。これからも愛してもらおうかなと思います」と、しっかりノロケも。

 また、記者からは普段2人の間でなんと呼び合っているかとの質問も飛んだが、庄司は「美貴ちゃん」と呼んでいるそうで、これに記者が「ミキティではない?」と、質問すると、庄司は「あれはビジネスだけなんです」と言い出すことに。さらに裸キャラのイメージがある庄司だが藤本によると「家ではすごい厚着ですよ」と、間逆なことを明かして、報道陣を驚かせていた。

庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!“ミキティー!”の絶叫の真実に報道陣驚き1

庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!“ミキティー!”の絶叫の真実に報道陣驚き4

庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!“ミキティー!”の絶叫の真実に報道陣驚き2

庄司智春&藤本美貴夫妻「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」に!“ミキティー!”の絶叫の真実に報道陣驚き3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする