AKB48総監督・横山由依 NGT48山口真帆暴行被害騒動へ言及「運営に厳しく言わせて頂きました」

AKB48総監督・横山由依 NGT48山口真帆暴行被害騒動へ言及「運営に厳しく言わせて頂きました」1

 アイドルグループ『AKB48』“総監督”の横山由依(26)が12日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで開催された『AKB48 チームA単独コンサート~美しき者たち~』のMCで、新潟を拠点とする姉妹グループ『NGT48』メンバーの山口真帆(23)の暴行被害で騒動となっていることについて、コメントした。

 今回の騒動は、山口が9日に「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました」「暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」というツイートから始まった。山口を心配する声が多く届いたが、『NGT48』の運営側のコメントはなく、翌10日のNGT48劇場で行われ公演に山口が出演し、騒動となったことをお詫び。その後、運営側が公式サイトを通じて、一連の経緯と謝罪文を掲載することとなった。

 横山は4曲を終えた序盤のMCで「今回、すごく起きてはいけないことが起こってしまいました」と、メンバーたちと沈痛な表情を浮かべ「みなさまにご心配をおかけしてえしまって、申し訳ありませんでした」と、総監督として謝罪。

 さらに横山は「私も総監督として今後の対応についても含めて、運営に厳しく言わせて頂きました」と、話していた。

 ※記事内写真は(C)AKS

 ※写真を公式写真に差し替えました。

 ※ライブレポートはコチラ(AKB48チームA 4年半ぶりの単独コンサートに2000人!横山由依&向井地美音の“総監督”デュエットや小栗有以お神輿で登場演出も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする