「映画 少年たち」完成披露試写でSixTONES、Snow Manら62人が歌って踊る!本木克英監督ジャニーズJr.らは「グチとか弱音とか絶対に裏でも言わない」

「映画 少年たち」完成披露試写でSixTONES、Snow Manら62人が歌って踊る!本木克英監督Jr.らは「グチとか弱音とか絶対に裏でも言わない」3

「映画 少年たち」完成披露試写が開催!

 『映画 少年たち』(監督:本木克英/配給:松竹)完成披露試写会が30日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで開かれ、『SixTONES』、『Snow Man』、関西ジャニーズJr.の62人と本木監督が登壇した。

 1969年の初演からジャニーズの伝説として語り継がれている舞台『少年たち』を映画化。それぞれ心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちの悩みや葛藤が、オリジナル楽曲とダンスに乗せてぶつかり合い共鳴を起こす、ミュージカル的な仕上がり。ジャニー喜多川氏の手がけた舞台の初映像化となり、本作がジャニー氏が製作総指揮を執っている。

 イベントでは、上映からスタート。シーンによって時折、笑い声が上がったり、衝撃的なシーンに涙をぬぐう観客がいたりと、ファンの心を浮き立たせる演出で魅せ、そのエンドロール直後には、『SixTONES』からジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹。『Snow Man』から岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介。なにわ男子から西畑大吾。関西ジャニーズJr.から向井康二、室龍太、正門良規、小島健。『Travis Japan』から宮近海斗、『7MEN 侍』、『HiHi Jets』、『美少年』、『5忍者』、『少年忍者』、ジャニーズJr.研修生が登場し、数曲にわたってサプライズでのLIVEパフォーマンスを敢行!これには観客も総立ち!会場は熱狂状態で、約20分間のステージングでファンを楽しませた。

 そして深澤、田中、室の3人でMCを担当し「ジャニーズJr.界のビッグスリーですね」と、若干滑って観客達をほんわかさせたりジェシーが「本日はお足元の悪い中おいで頂いて」と、外は快晴というとぼけたあいさつをしたりと和気あいあいとトークしていくことに。

 『少年たち』が映画になると聞いたときのことへ、髙地は、「正直言って、初代のジャニーズのあおい輝彦さんとかが演じられていた作品で、歴史ある舞台に僕たちの名前を残せる。ジャニーズの歴史に自分の名前を刻めるといういいチャンスで、あのときは嬉しかったです」と、模範的なコメントで、これには観客達からも拍手が。

 撮影のエピソードでは、撮影初日からセリフを噛んだとやり玉に上がることがあり、室が実演させられ「なにをしている、ど……って言って。本当は懲罰房って言わなあかんのに、独房と言いそうになって」と、笑いを誘う。

 さらに本作では『関ジャニ∞』横山裕も重要な役どころで出演しており、以前ある出来事から負傷し、足を引きずって生活しているというものだったが田中が「無茶苦茶細かいと思って見ていたんです。その日の撮影が終わったときに髙地が、普通に歩いていた横山くんのところに行って『足大丈夫ですか?』って聞いてて……」というと当の髙地は「それぐらいの演技力だった!でも、それくらい台本を読み込めてなかった自分が恥ずかしい」と、照れ笑い。

 ちなみに、足のことを聞かれた横山は「役やで」と普通に返したそうだが、そこに付け加えて「『そんなに痛さが伝わっていたんだったら良かった』と言ってくれて、本当に優しい先輩だなって」と、感激もしたそうだ。

 本木監督にも話が振られ、監督の話を振られたときのことへ「本当にできるのかなって不安があったんです。でも、ジャニーさんの舞台を映像化するのは、すごい好奇心はありました。それで(出演者の)みんなと会って、グチとか弱音とか絶対に裏でも言わないんだなって感心しました。みんなに背中押されてできたようなものです」と、その姿勢を称える。

 本作では8分間長回しの歌とダンスの連続するシーンも見どころの1つ。実はこの撮影のために2ヶ月の準備期間をかけているそうで、本木監督は「みんな1回で振り付けを覚えちゃうからすごい」と、現場の適応力にも驚いたそうだ。

 最後にジェシーから「ジャニーズの素晴らしさが詰まっている作品です。僕らもジャニーズ歴が長くて、CDデビューしなくても、作品ができることが嬉しいです。今後もジャニーズJr.の応援と映画の応援をして頂ければ」と、呼びかけていた。

 『映画 少年たち』は3月29日より全国ロードショー!

「映画 少年たち」完成披露試写でSixTONES、Snow Manら62人が歌って踊る!本木克英監督Jr.らは「グチとか弱音とか絶対に裏でも言わない」2

「映画 少年たち」完成披露試写でSixTONES、Snow Manら62人が歌って踊る!本木克英監督Jr.らは「グチとか弱音とか絶対に裏でも言わない」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする