栗田貫一 山田康雄さんからルパン三世引き継いだときにモンキー・パンチさんから「何も心配しなくていいですよ。そのままでいいですよ」【弔辞全文】

栗田貫一 山田康雄さんからルパン三世引き継いだときにモンキー・パンチさんから「何も心配しなくていいですよ。そのままでいいですよ」【弔辞全文】1

栗田貫一がモンキー・パンチさんへ弔辞を読んだ

 漫画家モンキー・パンチさん(本名:加藤一彦、享年81)の『モンキー・パンチ先生を偲ぶ会』が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、ものまねタレントで声優・栗田貫一が弔事を読んだ。

 栗田は1995年のアニメーション『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』からルパン三世の声を故・山田康雄さんから引き継いでいる。

 ■以下全文
 先生、突然のことで驚きました。

 今でも現場に伺うと先生にお会いできるような気がしています。

 本日は漫画界、各界の著名な方々と交流があった、モンキー先生のお別れの会、私が弔事という大役は重すぎるのではないかと、1度お断り申し上げました。でも、24年前、先生が大切なルパン三世を、おまかせ頂いたときも、そんなルパン三世なのでできるわけがないとお断りをしたところから、始まったことを思い出します。今もまだ、とても大役をこなしているとは思えませんが、きっと先生が、お導き頂いたと思って、この場に立たせて頂いています。

 先生はいつも笑顔でした。初めてお会いしたそのときから、ずっと変わらず、穏やかで優しく、温かく、(遺影の)お写真のような顔で笑っていらっしゃいました。「いいですねぇ」と、声をかけてくださいました。

 ルパン三世という大役を山田康雄さんから引き継いだときは、さまざまな方面からお批判の反応がありました。そんなとき、「何も心配しなくていいですよ。そのままでいいですよ」と、おっしゃって頂いたことを思い出します。先生に本当に守られてきたからきょうまで続けられてこれたんだと思います。先生のすべてを受け入れるその懐の大きさは、ルパン三世そのものではないかと思います。

 この数年、毎年、お生まれになった故郷の北海道・浜中町へルパン三世のイベントでご一緒させて頂きました。町の幼馴染のみなさん、関係者のみなさま方とお酒を頂いたり、おいしい食事を頂きました。先生と、先生の子供のころの話を聴かせて頂きました。先生の初恋の女性が峰不二子のモデルだったんだよって、おっぱい大きくてね、綺麗な人なんだよって。『じゃあ先生、その人に会ってみたい?』と聞いたら、先生は「会わない方がいいよ」っておっしゃってましたね。いろんな話をして頂きました。後のことは僕の胸の中に収めようと思っております。

 どうぞこれからもルパン三世を見守っていていてください。

 モンキー・パンチ先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 ルパン三世 栗田貫一

 ※記事内写真は(C)「モンキー・パンチ先生を偲ぶ会」実行委員会

 ※関連記事
 ・「モンキー・パンチ先生を偲ぶ会」祭壇はルパン三世らに見送られ……供花に栗田貫一、黒木メイサ、水木一郎、山寺宏一らも
 ・“名物・ミートボールスパゲティ”や斬鉄剣でも“斬れないこんにゃく”……「モンキー・パンチ先生を偲ぶ会」懇親会で振る舞われたユニーク料理
 ・小林清志 次元大介と出会って「幸せに決まってる!離れられない」男の色気は「難しいものじゃないんだけど、難しいんだよな」【一問一答ロング】
 ・小栗旬 モンキー・パンチさんからかけられた温かい言葉に「1言1言が自分の力になりました」
 ・浅野忠信“とっつぁん”意識した服装で「モンキー・パンチ先生を偲ぶ会」に参列……「とてもいいよ」の声が自信に

栗田貫一 山田康雄さんからルパン三世引き継いだときにモンキー・パンチさんから「何も心配しなくていいですよ。そのままでいいですよ」【弔辞全文】2

栗田貫一 山田康雄さんからルパン三世引き継いだときにモンキー・パンチさんから「何も心配しなくていいですよ。そのままでいいですよ」【弔辞全文】2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする