岡田准一 木村文乃から関西弁ツッコまれ「それ絶対言っちゃいけないやつ!」と焦る!福士蒼汰、柳楽優弥から「准一さん」呼びにニッコリ

岡田准一 木村文乃から関西弁ツッコまれ「それ絶対言っちゃいけないやつ!」と焦る!福士蒼汰、柳楽優弥から「准一さん」呼びにニッコリ1

映画『ザ・ファブル』公開記念舞台あいさつが開催!

 アイドルグループ『V6』岡田准一が22日、東京・丸の内ピカデリーで主演映画『ザ・ファブル』(監督:江口カン/配給:松竹)公開記念舞台あいさつを女優・木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、宮川大輔、佐藤浩市、江口カン監督とともに開いた。

 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数400万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞したコミックスが映画化。どんな相手でも6秒以内に殺す“ファブル(寓話)”と呼ばれる殺し屋(岡田)が仕事のしすぎのたためボス(佐藤)から「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」と告げられる。佐藤アキラと偽名を浸かって相棒のヨウコ(木村)と一緒に一般社会に溶け込もうとするのだが、ファブルを狙う裏組織や助けを求める者たちが次々と現れてしまい……。

 キャスト陣は客席を縫って現れ大歓声に会場が沸く中でイベントはスタート。作品は普通じゃない人たちばかりが登場するということで、普通じゃないエピソードをトークしていくことに。

 岡田は佐藤の名前を挙げ「素敵なんです」と、これまでの作品で共演した際にもいろいろ声をかけてくれているそうで、本日も登場前に「『准一、人、入ってるみたいだな良かったな』と言ってくれて。格好いい!普通じゃない大先輩がそんな声をかけてくれて」と、感激したのだとか。

 木村からは岡田へ「関西弁だといつものお茶目さんが出ない。関西の方なのに」と言い出すと、岡田は焦りながら「それ絶対言っちゃいけないやつですよ!関西弁をうまくつかっていきたいですよ。ほんま」と、わざと関西弁っぽく言って笑いを誘うことも。

 さらに、福士や柳楽から「准一さん」と呼ばれて岡田は「とうとう後輩にも准一さんって呼んでくれた」「いやー、いいなぁ。准一さん呼び好きなんですよ」と、ニッコリ。しかし安田から「准ちゃん」と呼ばれた際には少し戸惑ってから認める一幕が。

 そんななか、福士から「お酒を飲んでいるとき、武士みたいで……」というと、岡田は「辛口一献!」と、クイッとぐいのみをあげる仕草まで入れ渾身のギャグを披露したが、あまりに突然出来事に場内はシーンとなってしまい岡田も苦笑い。続けて、福士は岡田がジークンドーの免許を持っているということで「異常性もあるのかなって。並大抵の人はできない」と羨むように話すと、岡田は小声で「頑張ります。達人を目指します」と、応じたがこれも不発で、少しヘコむ姿も見せていた。

 映画『ザ・ファブル』は全国公開中!

岡田准一 木村文乃から関西弁ツッコまれ「それ絶対言っちゃいけないやつ!」と焦る!福士蒼汰、柳楽優弥から「准一さん」呼びにニッコリ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする