野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」!吉岡里帆「結婚指輪みたい」な中指ツボマッサージを披露

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露1

『綾鷹』東京2020戦略発表会が開催!

 狂言師で俳優・野村萬斎(53)、女優・吉岡里帆(26)が26日、都内で緑茶ブランド『綾鷹』東京2020戦略発表会に登場した。

 コカ・コーラシステムの緑茶ブランド『綾鷹』が東京2020オリンピック公式緑茶に決定。これを記念して和の伝統文様をモチーフにした東京2020オリンピックエンブレムを活用したデザインボトルを17日より発売した。525ミリリットルペットボトルと2リットルペットボトルがあり、525ミリリットルペットボトルは4種類のカラフルなパッケージで展開する。さらに、この発売に合わせて18日より、2017年から本製品ブランドアンバサダーを務めて吉岡とともに新たに野村も新ブランドアンバサダーとなり、新CM『綾鷹 心をととのえる』篇も18日より放送となっている。

 スーツ姿で現れた野村は、吉岡から「スーツ素敵です。凛とされてて」と褒められると、照れながら「和装で寝てると思われがちですけど、パジャマでベッドで寝ているんです」と、プライベートをチラリ。一方、吉岡はドレス姿だったが「綾鷹の急須を意識した藍色のものです」と、衣装コンセプト解説した。

 今回、新アンバサダー就任へ野村は「日本のお茶という文化を象徴させて頂くことを吉岡さんとさせて頂くのは光栄です。日本のお茶の深さをお伝えできる一助となればと思いますね」と、意気込む。

 新CMへ吉岡は「マッチしていて観ている方が浄化されるようなCMでした」と評していたが、その撮影へ野村は「背筋をピンとしているので監督からリラックスしていないんじゃと言われてしまって。背筋をしっかりしていてもリラックスしているんです(苦笑)」と、良すぎる姿勢がそう見えななかったと苦笑いだった。

 そして、綾鷹をゴクリと飲み野村は「苦味が旨味に変わるのがマジカルな感じがしますよね」といえば、吉岡も「いつ飲んでもおいしいですし、口当たりが柔らかくなってどんな料理にも合うんだろうなって。2020年が近づいてきてオリンピックが近くなっているんだろうなって感じています」と、2年にわたりアンバサダーを務めていることもありしみじみだった。

 トークコーナーでは自分の心の整え方を発表。深呼吸とした野村は「体の中の力みをなくすことですね」。中指のツボを押さえるという吉岡だが大勢の報道陣が前にいることもありはにかみながら実演し「ハリの先生が教えてくださって。緊張するときやっているんです。でも、結婚指輪をはめるみたい……」と、たとえて笑いを誘っていた。

 イベント後半には吉岡が野村に急須でお茶を淹れるコーナーが開催。吉岡は「お出しするのは緊張します」と、さっそくリラックスのツボである中指の先をほぐしていたが、野村は「急須で淹れるとおいしいですねぇ」と、ほっこり。高評価をもらった吉岡は、ホッとした表情で「どなたかに飲んでもらうことを意識して入れたお茶は飲んでもらえると嬉しいです」と、笑みを浮かべていた。

 そして、来年に迫った東京五輪へ向け野村は東京2020大会開会式・閉会式 チーフ・エグゼクティブプロデューサーも務めるということもあり、「私としては責任を果たして、選手をもてなせるような大会にできればいいなと思っています。お茶をはじめ、日本のいろんな文化を発信できれば」と、気持ちを語り、吉岡も「2020年に向けて日々の仕事を1つずつ丁寧に。日本の良さを少しずつでも伝えていければ。お茶を飲んで心を整えて頑張っていきたいと思います」と、静かながらも熱い意気込みを寄せていた。

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露4

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露6

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露2

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露3

野村萬斎 和装イメージ先行に苦笑いで「パジャマでベッドで寝ている」吉岡里帆「結婚指輪みたい」中指ツボマッサージを披露5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする