映画このすば舞台あいさつ開催!福島潤 ジャージの下に仕込みのTシャツやMachico「1ミリ Symphony」生披露も

映画このすば舞台あいさつ開催!福島潤 ジャージの下に仕込みのTシャツやMachico「1ミリ Symphony」生披露も1

映画このすば舞台あいさつ開催!

 アニメーション『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』舞台あいさつが9月1日、東京・EJアニメシアターで開かれカズマ役・福島潤、めぐみん役・高橋李依、テーマソング『1ミリ Symphony』を担当した歌手・Machicoが登場した。

 “このすば”の愛称でも親しまれる『この素晴らしい世界に祝福を!』とは作家・暁なつめ氏のライトノベル。ひょんなことから死んでしまい異世界に転生した主人公・カズマが、高スペックながらどこか“駄女神”なアクア、最強の爆裂魔法しか使えない“頭のおかしい”魔法使い・めぐみん、攻撃が全く当たらないドMのクルセイダー・ダクネスとパーティーを組み、冒険を繰り広げたり、ときに口八町と度胸で苦難を切り抜けていくファンタジー作品。TVアニメは、2016年1月から第1期が1クールで、17年1月から第2期が2クールで放送され人気を博した。本作ではめぐみんの故郷・紅魔族の里で起こる冒険が描かれる。

 上映後、まずはMachicoが自身の楽曲PV衣装で登場し、作品を観たときに感動で涙したことを伝えつつ『1ミリ Symphony』を生フル歌唱。会場一体となったクラップもあったり、カズマたちパーティーがアニメ版でよくやっているサムズアップの振り付けもあったりと会場のボルテージをガンガンに上げた。

 そんな最高潮のテンションのなか、カズマ風のジャージ姿の福島と、紅い衣装で高橋が登壇。キャラクターの名乗りをすることになり、高橋はめぐみん風に名乗ったが、福島は劇中のあるキャラクターの名前を言い出し会場を大爆笑させることに。

 トークでは感動したところとして、福島がめぐみんが振り切れたシーンがあったところに高橋の成長を感じたというエピソードや、高橋はパーティーメンバーの魅力が深堀りされていたり、作品に新たに出てくる紅魔族のキャラクターに魅力を感じたとも。

 MachicoはTV版に比べてお色気シーンが多かったという話題をあげると、福島が敏感に反応してジャージの上着を脱ぎだし、そこには作品のシーンが入ったTシャツを着ているという細かい仕込みも見せ楽しませていた。

 ほかにも、トークでは好きなキャラクターの話。福島の声優技術を作品に懸命に叩き込んだことや、その姿に高橋は作品の座長の姿を感じたことなどを伝えていた。

 『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』は絶賛公開中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする