ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?岡村隆史「素っ頓狂な顔をしているから録り直したい」と苦笑い

ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?岡村隆史「素っ頓狂な顔をしているから録り直したい」と苦笑い1

ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?

 “ナイナイ”ことお笑いコンビ『ナインティナイン』の矢部浩之(47)と岡村隆史(49)が1日、都内でボーイズグループオーディション『PRODUCE 101 JAPAN』101人の練習生のお披露目会に登場した。

 『I.O.I(アイオーアイ)』、『Wanna One(ワナワン)』、『IZ*ONE(アイズワン)』といった人気グループを生んだ韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』。今回は吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングス、CJ ENMが共同制作しグローバルボーイズグループ結成を目指す番組『PRODUCE 101 JAPAN』として制作となる。この日は6000人の応募者の中から選考された101人の練習生がメディア向けにお披露目され、合わせて楽曲『ツカメ ~It’s Coming』のMVも公開となった。ナイナイは国民プロデューサー代表という立場で、日本での司会を務める。

 MVを観てみて矢部は「メチャクチャ格好良くてビックリしました。曲が発表されたときのみなさんの表情を見せて頂いていたんですけど、『できない……』とか『難しい……』って言ってたから格好いいですよ」と、圧倒されたといい「話題性も、お金のかかりかたもだいぶ違いますよね」と、ヒットの予感を語る。

 岡村もセットなどを見てみたことも合わせて「メチャクチャ格好良かった」と、うなずく。すでに101人の応募者ともコミュニケーションをとったというが、岡村は「何人かは悪口は言ってるでしょ。僕へのイジりは結構早い段階からありました」と、打ち解けたようだった。

 さらに矢部は「これから振り落とされる段階になるのでおもしろくなると思います」といい岡村も「最終的に11人というのは決まってますし、変な雰囲気にはなってくると思います。ダンスや歌の先生は厳しく指導されると思うので、僕らがいるときはリラックスして笑顔をみせてもらえたら」と、役割を話していた。

 見どころとして、矢部は「国民プロデューサーの方がどんどん応援したくなる人が変わっていくと思う。ドキュメントの部分もあるので。そういうところが楽しいのでは」と、アピール。岡村は「11人に選ばれなくても、どこかで『実は101 JAPANで落とされたんです』という人も出てくるのでは」というと、矢部は「『ASAYAN』時代もありましたよね」と、自身らがかつて司会をしたオーディションバラエティー番組を引き合いに回想していた。

 『ナインティナイン』としては、オープニングでコールをする体験が新鮮だったそうだが、矢部は「1番格好悪かったのが自分らやなって。『イッツ・ショータイム!』というのが恥ずかしくて。30年くらいやってて初めて言ったのでは」と、正直に告白すれば、岡村も「カメラも暗いところからびゃーっと来ましたから!僕らの方がパニックになって。睨むようになっているのも視力が落ちてまいりまして、遠くから来たのが、あっ、カメラやと思って、素っ頓狂な顔をしているから録り直したいくらい」と、後悔も口にしていた。

ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?岡村隆史「素っ頓狂な顔をしているから録り直したい」と苦笑い2

ちゃっかりハートを創る岡村

ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?岡村隆史「素っ頓狂な顔をしているから録り直したい」と苦笑い4

ナインティナインが語る「PRODUCE 101 JAPAN」見どころとは?岡村隆史「素っ頓狂な顔をしているから録り直したい」と苦笑い3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする