「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」1

 女優・モトローラ世理奈(21)が26日、都内で主演映画『風の電話』(監督:諏訪敦彦/配給:ブロードメディア・スタジオ)の完成披露試写会に共演の俳優・西島秀俊(48)、西田敏行(72)、三浦友和(67)、諏訪監督とともに出席。東日本大震災後の岩手県・大槌町を舞台にした作品で、すでに大槌町で上映会も行われたが、「大槌町で上映するというのが撮影の時からドキドキしていたことだったが、観終わった方から感想もいただけてうれしかった(ぜひ、(主人公の)ハルと一緒に旅を楽しんでください」としみじみとPRした。

 岩手県・大槌町に存在する”風の電話”を題材に、広島から東日本大震災のあの日以来、訪れていない故郷の大槌町へと旅をする主人公・ハル(モトローラ)が、旅の道中で出会ったさまざまな人々に励まされながら、家族ともう一度話したいという想いを胸に”風の電話”へと歩みはじめる、少女の出逢いと再生の物語。

 気鋭の新進女優として注目のモトローラだが、今作については「オーディションで最初、台本をいただいて、読むのが辛すぎて…。小さい頃から親子の話や家族がなくなってしまう話が自分のなかでいちばん苦手で、悲しくなっちゃうので、(今作も)台本を読んで、途中で読むの嫌になって、オーディションに行きたくないなと思った」と振り返った。

 撮影現場では台本、セリフがない独特の諏訪監督スタイルで行われたが、モトローラは「そうですね…う〜ん…」とかなり長い沈黙をはさんで「(自分のなかで)スッと来たから自然にできたのかな」とようやく声を絞り出した。

 そんな沈黙多くヒロインに西嶋が「(モトローラを主演にしたのは)諏訪さんらしいセレクトで、(モトローラは)稀有な全く嘘をつかない女優。カメラの前であろうと、きょうみたいに大勢の人の前であろうと、嘘をつかない。その点、僕は全然ダメで、こうやってみなさんの前に出ると、ついなんかやらなきゃ、と本当の自分じゃないことをやってしまう。モトローラさんは自分の感じたことしかしない稀有な女優だと思う」とフォロー&解説。

 大ベテランの西田も「50年ほど芝居のキャリアがあるが、こんなに若い人で、遠くを見つめていて、真実をみている女優さんに出逢ったのははじめて。世理奈ちゃんの前にいると全部見透かされているよう。21歳なのに人生3周まわってるみたい。すごい表現者が出てきたなと思ったし、これから世理奈ちゃんがどう大きくなっていくのか、出ている作品をもっと観たくなったよね」と大絶賛していた。

 作品は2020年1月24日公開!

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」2

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」3

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」4

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」5

モトローラ世理奈

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」6

西島秀俊

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」7

三浦友和

「え〜と…う〜ん…」舞台挨拶で沈黙多きモトローラ世理奈を西島秀俊が解説「彼女は稀有。カメラの前でもみなさんの前でも嘘をつかない」8

西田敏行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする