手越祐也ガチなゲーム好き前面でプロチーム誘われたら「なりたいっすよ」!生配信のコメントへ「楽しみ」やゲーム実況者たちから「学び」【会見手越トーク部分ほぼ全文・全身写真有り】

手越祐也ガチなゲーム好き前面でプロチーム誘われたら「なりたいっすよ」!生配信のコメントへ「楽しみ」やゲーム実況者たちから「学び」【会見手越トーク部分ほぼ全文・全身写真有り】2

手越祐也がガチなゲーム好きっぷりを披露!

 アイドルグループ『NEWS』の手越祐也(32)が6日、東京・六本木のOPENREC STUDIOで『OPENREC公式アンバサダー就任記者発表会』に登場し、司会はe-Sportsキャスターの平岩康佑氏が務めた。

 株式会社CyberZが提供しているゲーム動画配信プラットフォーム『OPENREC』(オープンレック)が、サービス提供5周年を迎えたことを機に、手越を起用。これを記念し同日正午よりWEBCM『就任発表』篇(30秒)、『記者会見』篇(15秒)、『楽屋』篇(15秒)が配信され、ほかにも『演説』篇(30秒)が用意されているとしている。

 まずは、CyberZ代表取締役社長の山内隆裕氏からこれまで『OPENREC』は、アイコンの起用などはなかったが「手越さん自身は自他共認めるゲーム好きで、相当なゲーマーであると聞いています。ゲームに対する理解、ゲームのライブ配信も日常で非常にご覧になられているとのことです。公式アンバサダーに就任していただくことは非常にいいことではないかということで、ユーザーフレンドリーなメディアに進化できるのではないかと期待しております」と、期待を込め、9日の午後9時からの『OPENREC』の生配信にも登場することがアナウンスされた。

 そして、手越がニコニコと登場しトークをはじめた。

 司会:まずは一言ごあいさつお願いします!
 手越:みなさん、きょうはお集まり頂きありがとうございます!『OPENREC』公式アンバサダーの手越祐也です。よろしくお願いします!
 司会:CMのような感じですね。
 手越:いやーリアルですね。嬉しいですよ。リアルが好きなので、なんか飛び出してきたというか。CMの撮影のときを思い出しますよね。

 司会:お話があったとき最初どんな印象をお持ちでした?
 手越:いや、もう嬉しいの一言ですよね。小学校低学年よりもっと下ぐらいの、4歳から5歳くらいのときから、僕、ほんとゲーマーで!僕とお仕事をした記者の方が、この中にいらっしゃれば分かると思うんですけど、最近の近況とかそういうことを聞かれたら、ほぼゲームの話が……っていうくらいずっとゲームをやっています。ずーっとゲームをやっていますし、いろいろお仕事が終わって、結構ゲーマーって、深夜がピークだったりするわけですよ。それで深夜に対戦型のゲームをすると強いユーザーが多いじゃないですか。その深夜帯に、やりすぎるときは日が昇ってくるくらいまでやってしまって、たまーに早いお仕事だと寝不足で現場に行くっていう、そのくらいゲーム大好きなので。やっぱ、大好きなことをお仕事にできるというか、配信できるというのは幸せですね(笑)」

 司会:ゲーム界隈でも、今回のお話が出る前にも手越さんがものすごくゲームをやり込んでいるというのはウワサにはなってましたよ。
 手越:マジすか!?(笑)そんななってます?
 司会:プロ並みにうまいと。
 手越:なんかゲーム以外もそうなんですけど、もうハマったらグアーっとなっちゃう性格なんで、どうしてもなんだろう……うまくなりたくなっちゃうんですよ。ダーツにハマったらすぐマイダーツを買いに行ったり。ボーリングにハマったら、すぐマイボールを買いに行ったり。ゲームもeスポーツでも最近、対戦型が多いじゃないですか。やれるからには負けたくないので、ゲーム配信はたくさん観ますし、極め性なんですよね。自分の性格が。

 司会:そうすると『OPENREC』は観ていらしたんですか?
 手越:元から観ていたんですよ!ゲーム遍歴ってあるじゃないですか。そのなかで、今までにハマったゲームのときに、『OPENREC』って存在を知って。ゲームのプレーでプロの人は本当にすごいわけですよ!僕はサッカーもお仕事でやっていますけど、言うなれば、メッシ選手やクリスティアーノ・ロナウド選手が配信しているというくらい、そのくらい素人とプロのゲーマーの差ってあるので。配信を観ながら、こういう戦法もあるんだなって、学習しながら自分に落とし込んでいく感じで『OPENREC』を観ていました。
 司会:じゃあ『OPENREC』は学びの場ですか?
 手越:学びですね!自分もやるからこそ、あっ、こういう技もあるんだ、こういう立ち回りもあるんだって。

 司会:マインドがプロみたいですけど、ゲームとの出会いは?
 手越:ゲームは4歳、5歳のころに触れたのがPCエンジンがあたりとか、僕らファミコンとかそしてスーパーファミコン世代なんですけど、僕ら黄金世代のゲームはなにかと言われると、やっぱりポケットモンスターですね。ポケットモンスターは最初、『赤』と『緑』と『青』が出たじゃないですか。その後に、『金』と『銀』が出たときに、みなさんもご存知の方がいると思うんですけど、発売日が確か平日だったんですよ。平日にポケモンの金・銀が発売になるというので、いわゆる学級閉鎖とかいろいろあるじゃないですか。ポケモン閉鎖って言葉があったんですよ。ポケモン発売日はみんなお父さんと一緒にポケモンを買いに行きたくなっちゃうから、学校にみんな出席しないっていう、そういう時代があったんです。僕もね、親父と一緒に並んだ気がするんですよね(苦笑)。でも、そのくらい僕は小さい頃から、サッカーもしたし習い事もしたし、受験もしたんですけど、それと同じくらいゲームもずっとやっていたので。家族で一緒に、お父さんとかお母さんとかと一緒にやるツールとしてもやっぱりゲームって大きかったですし、その頃のゲームってただただ遊ぶものというイメージがありましたけど、いまではもう、それでゲーム配信者の方は生活もできる方がいたり、本当にすごい賞金が出たりとか、オリンピックの競技にもと言われるくらいになって、ただただもう遊び道具ではなくなってきているというのがすごく嬉しいし、感慨深いですね。eスポーツという言葉は」

 司会:当時から勝ち負けにこだわってゲームをしていた?
 手越:やってましたね。格ゲー、まあ格闘ゲームといわれているゲームには負けたらもうすごいイライラしてました。負けず嫌いなんで。ポケモンの対戦で負けると、当時はインターネットで調べられるツールもなかったので、攻略本を買って家に帰って、どうやったら強くなるかということを、当時から調べていましたね。
 司会:とにかくゲームでも勝ちたいという思いが強いんですね。
 手越:もうね、勝負事にはすべて勝ちたいです。僕は!(笑)

 司会:どうですか、これを機にプロチームからお誘いが来たら?
 手越:いやいや、それはもう事務所と相談になりますけども……いやなりたいっすよ。(プロチームに)入りたいですし、やっぱりゲーム配信者の方が配信している姿も好きで、ヘッドホンして、レコーディングマイクと、指示を出し合いながらやるじゃないですか。あの姿がもう本当になんだろうな。レーシングチームみたいな感じで格好いいんですよね。あの中に入って、世界大会のピリピリしている中とか、日本大会とか全国大会で、戦ってみたいなというのはありますね。

 司会:『OPENREC』へのご出演も決まってると聞いていますが、具体的にはいつどんな配信になるんですか?
 手越:もうすぐなんですけど、2月9日の日曜日、夜9時からいきなりアンバサダー就任記念の生配信をやるんですよ。僕はいままでいろんな『OPENREC』の実況者の生配信を観てますけど、生配信ってリアルに観ている方のコメントが流れてきたりするじゃないですか。僕らジャニーズ事務所でTVで活動していると、生放送とかに出たときのコメントを生で観るという経験を、僕自身はしたことがないので、リアルな視聴者のみなさまからどんなコメントが来るのか、やったことがないから未知数なので、緊張とともにワクワクしますね!
 司会:ゲーム実況の難しさとかはどう感じていますか?
 手越:プロのゲーム配信の方々はめちゃくちゃうまい方々ですから、そのプレーのスキルとかを真似しようって思うものを観てもらえればいいと思うんです。僕の場合は、僕のやる意味というのが、いままでゲームって男の子のゲームだよねとか、いろんなお父さんお母さん世代が、ゲームって遊びのツールでしょと思う方がもいるかもしれないですけど、なんかそういう方々に僕っていう手越祐也を通じて、ゲームってこんな魅力もあるんだよ。ただの遊びじゃないんだよ。暇つぶしでもないんだよということを伝えて、一緒にワイワイ楽しく観て頂ければと思いますね。

 司会:じゃあ、ゆるい雰囲気とガチな雰囲気を一緒に出していく感じですかね?
 手越:実際に、僕がほかの現場で(『NEWS』の)ほかのメンバーにずっと『ゲーム音下げられる?』と、いつもうるさい、うるさいと言われながらゲームをやっているんです(苦笑)。そういう普段僕がゲームをプレーしている雰囲気とか、実際に家でプレーしている雰囲気を観ていただきつつも、ガチなところはガチでやるという、切り替えとかメリハリのある配信ができたらいいなと思っています。
 司会:じゃあ、配信を初めて観た人もゲームを新しく始めてくれたら嬉しい?
 手越:嬉しいですね!このゲーム楽しそうだな、手越祐也楽しそうにやっているなっていうのでゲームをダウンロードしたりとか、僕がプレーしたゲームのほかの配信者の実況をプレーで観たりとかにつながっていったりしたら、僕は本当に嬉しいですね。

 司会:就任記念CM先程初めて観られたらしいですが、いかがでしたか?
 手越:撮影の雰囲気が、まあワイワイと楽しく、笑顔の絶えない現場だったので明るい雰囲気が伝わってくるCMだったので、観ていてわーワクワクする!という感じでしたね。エキストラの方で記者の方はいましたけど、きょうは本物の方たちでモノホンだなと(笑)

 その後、委任状を手渡しされた手越は「よろしくお願いします!」と元気よく声を出すと「いやもう、夢のようですね。本当に。ずーっと大好きだったものが、先程も同じことを言いましたけど、こうやってお仕事になるっていうか……僕にとってお仕事ですけど、お仕事じゃないような。なんか楽しいこと、幸せなこと、普段やっていることがこうやってみなさんいお届けできるという瞬間が、ジャニーズの中で初めてのゲームライブ配信なので、そこの初めてをやるという責任感もあります。その中で、僕のキャラクターだったり、『よく楽しそうだね』と言われるんですけど、楽しみながらゲームの魅力だったり、ゲーム初心者、ずっと毎日ゲームやってるぞという方まで、ゲームの魅力・ゲーム実況者の凄さ、さまざまなものをみなさまにお伝えできればと思いますので、気合を入れて楽しみながら頑張ります!」と、熱く語る。

 そして最後に「あらためまして、『OPENREC』公式アンバサダーの手越祐也です。『OPENREC』を通じて、ゲームの神プレーとか、いまなんといっても話題のeスポーツを観ることができるのが『OPENREC』です。僕自身も生配信を2月9日からやります。気合を入れて頑張りたいと思いますので、ぜひみなさんご覧ください。よろしくお願いします」と、メッセージを寄せた。

手越祐也ガチなゲーム好き前面でプロチーム誘われたら「なりたいっすよ」!生配信のコメントへ「楽しみ」やゲーム実況者たちから「学び」【会見手越トーク部分ほぼ全文・全身写真有り】3

手越祐也ガチなゲーム好き前面でプロチーム誘われたら「なりたいっすよ」!生配信のコメントへ「楽しみ」やゲーム実況者たちから「学び」【会見手越トーク部分ほぼ全文・全身写真有り】4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする