“とーやま校長”グランジ・遠山大輔が17日に文化放送特番生放送に登場!「何か自分にできることはないかと模索していた」

“とーやま校長”グランジ・遠山大輔が17日に文化放送特番生放送に登場!「何か自分にできることはないかと模索していた」1

 お笑いコンビ『グランジ』遠山大輔(40)が17日に生放送される文化放送のラジオ番組『文化放送ライオンズナイタースペシャル音楽で日本をアゲる! グランジ遠山アワー おじゃま致します浜松町』(午後7時~)に出演することが15日、発表された。

 同局では、新型コロナウイルス感染拡大を受けたプロ野球公式戦の開幕延期に伴い、『文化放送ライオンズナイター』を放送予定だった夜ゾーンを、3月31日よりさまざまな特番に変更して放送している。今回の番組も、特別対応による特番の1つとして、同一タイトルで、日替わりで様々な今注目のアーティストが担当しており、これまでに、秋山黄色、しなの椰惠、夏川椎菜、眉村ちあき、関取花、永野、緑黄色社会が担当、16日は豊崎愛生、28日はDJ KOOが決まっている。

 遠山といえば、今年3月までTOKYO FMのラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』に“とーやま校長”として、10年にわたって出演し続けていた名物パーソナリティーとしても知られている。それだけに今回の起用へ遠山は、「半蔵門の学校に10年間通い詰めてました遠山と申します!この学校に思い入れが人百倍強かったため、しばらくラジオは……と思っていましたが、今のこの世の中、何か自分にできることはないかと模索していたところ、何と文化放送さんがお声掛けくださいました!」と、“とーやま校長”を感じさせるようなコメントを。

 さらに、「個人的にも大竹まことさん、斉藤一美さん、ガチムチ柔道野郎(※平日夜ワイドパーリティ『レコメン!』パーソナリティ・オテンキのりのこと)と大好きな喋り手の方がいらっしゃる文化放送で放送できることにワクワクしております!よろしくお願い致します!」と、期待に胸をふくらませている。

 この日は、メインタイトルにサブタイトルも合わせ、『文化放送ライオンズナイタースペシャル 音楽で日本をアゲる!』から『文化放送ライオンズナイタースペシャル音楽で日本をアゲる! グランジ遠山アワー おじゃま致します浜松町』として放送。これまで担当してきた番組ではあまり読む機会がなかったジャンルのメールも募集しトークを繰り広げる予定となっている。

 なお、15日よりメールも募集しておりテーマは以下の通り。宛先はspecial@joqr.netとなる。(※件名に番組名を記入のこと)

 ・今、あなたが抱えている愚痴、悩み、怒り
 ・最近あった小さな幸せ
 ・妻・夫・子どもに言いたいこと
 ・あなたが今、1番欲しいものなど
 ・かつて遠山さんが校長を務めた学校に通っていたリスナーからの「今、こんなことやっています」「今、社会に揉まれていてこんなに大変です」
 ・日本を元気にするリクエスト曲     ほか

 『文化放送ライオンズナイタースペシャル音楽で日本をアゲる! グランジ遠山アワー おじゃま致します浜松町』は17日午後7時から午後9時まで生放送!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする