歌舞伎俳優117人豪華掲載の「演劇界」6・7月号が重版重ね4刷に!坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本白鸚、中村吉右衛門、片岡仁左衛門ら登場

歌舞伎俳優117人豪華掲載の「演劇界」6・7月号が重版重ね4刷に!坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本白鸚、中村吉右衛門、片岡仁左衛門ら登場1

 5月29日に発売された歌舞伎専門の月刊誌『演劇界』(小学館)6・7月号が重版を重ね、7日に4刷が全国の書店に並ぶこととなった。

 同誌は明治40年に創刊された『演藝画報』を母体とし113年の歴史を持つ。今回重版のかかった号では、市川海老蔵が巻頭インタビューに答え、坂田藤十郎、尾上菊五郎、松本白鸚、中村吉右衛門、片岡仁左衛門、中村梅玉、坂東玉三郎、松本幸四郎、尾上松緑、市川猿之助、尾上菊之助ほか総勢117人の歌舞伎俳優が登場。

 幹部俳優をはじめ、初舞台を踏んだそのご子息、部屋子の方々まで掲載。それぞれ「このひと役」を選び、美しい舞台写真とともに、その思いなどを寄せているというまさに“特別保存版”のような仕上がり。この豪華な顔ぶれに5月29日に発売されわずか5日後の6月2日には初版が完売となり、重版がかかる大反響となった。

 8月1日より東京・歌舞伎座にて『八月花形歌舞伎』から約5ヶ月ぶりに公演再開予定となっており、新型コロナウイルス感染拡大防止や予防対策のもと、歌舞伎俳優の名演が生で見られる日も近くなっている。

 『演劇界』6・7月号は特別定価1750円(税込)で発売中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする