重岡大毅大好きな“ピアノ”と一緒に“モノクロ”!表紙を飾った「POTATO」8月号が増刷

重岡大毅大好きな“ピアノ”と一緒に“モノクロ”!表紙を飾った「POTATO」8月号が増刷1

 ジャニーズWESTの重岡大毅(27)が表紙を飾った7日発売の『POTATO』(株式会社 ワン・パブリッシング)8月号が増刷されることが13日、発表された。

 創刊36年の老舗アイドル誌『POTATO』では2019年4月からのデビュー5周年を記念し、ジャニーズWESTのソロ表紙シリーズを展開。2019年7月号の神山智洋、同8月号の藤井流星、同11月号の桐山照史、同12月号の中間淳太、2020年4月号の小瀧望、同5月号の濵田崇裕がそれぞれ、独自の撮影アイデアを出し個性あふれる表紙を飾っていた。本号ではそのラストでグループでセンターを飾る重岡の登場となり、発売2日で増刷が決まった。

 重岡大毅が表紙撮影に当たって提案したのは、自身が大好きな“ピアノ”と一緒に“モノクロ”。あまり派手なことを好まない重岡は衣装も撮り方も“さりげなく・ラフに”というもので、重岡の持つプレーンな魅力が引き出されたものとなる。

 ほか『POTATO』8月号ではジャニーズの75名のアーティストからなるチャリティプロジェクト「Twenty★Twenty」競演記念として、アイドルたちに「もう一度見たい先輩の出演作」をアンケートし、懐かしい作品が多く紹介されたり、ジャニーズJr.の元気が出る自撮りや、A.B.C-Z、永瀬廉出演映画のレポートなど盛りだくさんとなっている。

 今回増刷となった『POTATO』8月号が店頭に並ぶのは22日以降順次で予定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする