永瀬廉「弱虫ペダル」ヒメヒメソング効果実証!?ママチャリで秋葉原へ向かう場面写真解禁で「恥ずかしかったです」からの「気が付いたら自然とテンションが上がって」

永瀬廉「弱虫ペダル」ヒメヒメソング効果実証!?ママチャリで秋葉原へ向かう場面写真解禁で「恥ずかしかったです」からの「気が付いたら自然とテンションが上がって」1

 “キンプリ”ことアイドルグループ『King & Prince』の永瀬廉が主演する8月14日公開予定の映画『弱虫ペダル』(監督:三木康一郎/配給:松竹)の新たな場面写真が17日、解禁となった。

 『弱虫ペダル』は2008年から漫画家・渡辺航氏が少年誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載しており、アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなどさまざまにメディアミックスされている高校生たちの自転車競技にかける姿を描いた作品。永瀬が演じる主人公の高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)は地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好き。坂道は、あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会った仲間たちの為に、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を見せることとなる。

 公開となったカットは、坂道がお小遣いを節約するために地元・千葉から片道45キロの道のりをママチャリで走るというシーンの場面写真。千葉から秋葉原までは往復90キロという驚異の距離だが、小学4年生の時から通っている坂道にとってはいつもの道。どんなにきつい坂や山道でも、鼻歌を歌いながら難なく走ってしまう。

 劇中では、『弱虫ペダル』ファンにもおなじみのこのシーンを映画オリジナル版のヒメヒメソングで披露。「ヒーメ、ヒメヒメ♪ラブリーチャンスペタンコチャン♪」と軽快に歌っており、純粋な笑顔で歌いながら走る姿を見せている。

 このシーンへ永瀬は、「『ヒメヒメ♪』と歌うシーンが何回もありましたが、一般の通行人の方たちの前でも大声で歌いながら自転車で走るのは、本当に恥ずかしかったです。でも、思いっきり大声で歌っているうちに、気が付いたら自然とテンションが上がっていました」と、ヒメヒメソングの“効果”を証言している。

 映画『弱虫ペダル』は8月14日より全国公開予定!

 ※記事内画像は(C)2020 映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

 ※関連記事
 ・橋本環奈 東京と福岡連続往復の女子校時代で女の子の友達から「お弁当」差し入れの思い出!伊藤健太郎「弱虫ペダル」撮影過酷すぎて「お芝居の域を超えた」
 ・永瀬廉「弱虫ペダル」撮影は「限界のその先に何回か行ってました」!秋葉原にママチャリ登場で「坂道に戻る感じがして」
 ・永瀬廉主演映画「弱虫ペダル」クランクアップは伊藤健太郎とのロードレース対決シーンで「今日の激坂はとにかくキツかった!」
 ・映画「弱虫ペダル」追加キャストに坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀、皆川猿時!キンプリ永瀬廉が語る「後悔」とは?【キャストコメント全掲載】
 ・HiHi Jets・井上瑞稀 キンプリ永瀬廉主演の「弱虫ペダル」に出演発表で「驚きと嬉しさでいっぱい」!クランクアップの日には思わず寂しさの瞬間も
 ・永瀬廉「弱虫ペダル」実写映画化の小野田坂道役で主演!「原作とアニメにハマり」キャラたちの魅力は「キラキラしていて本当にかっこいい」【プロデューサーの起用理由あり】
 ・永瀬廉 伊藤健太郎と「弱虫ペダル」激坂前後のオフショット写真!メイキング映像60秒も公開で「すごく過酷な環境での撮影がほとんど」

永瀬廉「弱虫ペダル」ヒメヒメソング効果実証!?ママチャリで秋葉原へ向かう場面写真解禁で「恥ずかしかったです」からの「気が付いたら自然とテンションが上がって」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする