アニメ「銀魂」完全新作劇場版タイトルが「銀魂 THE FINAL」で公開は2021年1月!特報公開で坂田銀時「俺たちの戦いもさ、もう自粛でいいと思うんだよね」

アニメ「銀魂」完全新作劇場版タイトルが「銀魂 THE FINAL」で公開は2021年1月!特報公開で坂田銀時「俺たちの戦いもさ、もう自粛でいいと思うんだよね」1

ロゴも公開

 アニメ『銀魂』完全新作の劇場版第3作目のタイトルが『銀魂 THE FINAL』(配給:ワーナー・ブラザース映画)となり公開日が2021年1月8日に決定したことが12日、発表された。

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)のシリーズ累計発行部数5500万部を超える人気コミック『銀魂』。2006年から15年間続いてきたアニメ『銀魂』が“今度こそ本当に”(!?)終わることが発表。今回の作品では、原作の空知英秋氏の全面協力も決定し、劇場版アニメ『銀魂』では初となる描き下ろしビジュアルを制作され、今月20日に解禁が予定されているという。

 アニメ『銀魂』シリーズの制作を手掛けてきた、バンダイナムコピクチャーズ樋口弘光事業部長は「ついにタイトルと公開日が発表されてしまった!これまで同様にもう何を言ってもオオカミ少年なんですけど(笑)最後のアニメ銀魂に向けて空知先生も巻き込んだバカ騒ぎをしたいと思っています。空知先生、引続きご協力の程よろしくお願いします!(締切り厳守で)」と、コメント。

 TVシリーズ『銀魂(第3期)』から監督を務め、本作では監督/脚本を務める宮脇千鶴は「今回の劇場版はたぶん、いろんな意味でスゴイ事になるんじゃないかなと思います。楽しみにしてくださってるみなさまに最大級に楽しんで頂けるよう、すべて出し切る気持ちでスタッフ一同、日夜奮闘中です。どこがどんな風にスゴイことになっているかはぜひ劇場で確かめて頂きたいのですが、その頃には安心してお届けできる世界になっていますように。……つかこないだやっとコンテ全部終わった状態なのでまだ上手いことなんも言えねー(ガクブル)」と、制作状況も折り込みつつ語る。

 また、前作『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の監督を務め本作では監修を務める藤田陽一も「過去さかのぼりアニメ銀魂を一度でも面白いと思ったことがある方には納得して貰える映画になってると思います。大人も子供もオネーサンも」と、メッセージを寄せた。

 また、坂田銀時役の杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵のおなじみ万事屋3人による特報も公開。新型コロナウイルス禍の時勢を反映した仕上がりで、銀時が「俺たちの戦いもさ、もう自粛でいいと思うんだよね」と、原作の戦闘が“密”になっていることにツッコミを入れたり、公式サイトの以前から公開されている制作中ビジュアルで銀時と神楽だけがマスクをしている絵を公開したり、新八は「つか、みんなマスクつけて戦うの?最後の映画なのに!?」と、ツッコミ。そして、映像の最後には銀時が「これが、本当に最後!」と、叫んでいる。

 『銀魂 THE FINAL』は2021年1月8日にロードショー予定!

 ※記事内画像は(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

 ■特報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする