大倉忠義「心底惚れるって、その人だけが例外になっちゃうてことなんですね」という大伴恭一のセリフが印象的!成田凌と“即答テスト!”動画が解禁

大倉忠義「心底惚れるって、その人だけが例外になっちゃうてことなんですね」という大伴恭一のセリフが印象的!成田凌と“即答テスト!”動画が解禁1

 アイドルグループ『関ジャニ∞』大倉忠義(35)、俳優・成田凌(26)が共演し、9月11日に公開予定の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(監督:行定勲/配給:ファントム・フィルム)。その大倉と成田がスペシャル対談を繰り広げるYou Tube特番が8日、解禁となった。

 『失恋ショコラティエ』などで知られる水城せとな氏の人気コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』、『俎上の鯉は二度跳ねる』が原作。自分を好きになってくれる女性と受け身の恋愛を繰り返していた大伴恭一(大倉)がある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉(成田)と7年ぶりに再会。渉から「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられ、ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬に、恭一も少しずつ心を開いていくのだが、そこの恭一の昔の恋人・夏生が現れ、2人の関係が変わっていくこととなり……。

 You Tube特番では、“大倉忠義と成田凌がお答えします!窮鼠はチーズの夢を見る 即答テスト!”と題して、質問がかかれたカードの質問に対し、10秒以内に回答するという企画にチャレンジ。れぞれのキャラクター分析や劇中の印象的なシーンについて触れている。大倉は好きなセリフとして、今ヶ瀬の「心底惚れるって、その人だけが例外になっちゃうてことなんですね」を挙げ、「素晴らしい言葉」だと振り返ると、成田も「分かる」と大きくうなずく。

 なお、8日解禁の映像は前編となり、11日公開予定の後編の予告では、本作で絶妙なコンビネーションを見せた2人の素顔がかい見れる対談映像となっている。

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は9月11日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー予定!

 ※記事内画像は(c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 ※関連記事
 ・大倉忠義「窮鼠はチーズの夢を見る」は「役名が男性・男性なだけですごくピュアなラブストーリー」!成田凌 打ち上げで大倉にキスしたのは「ピリオドキスです(笑)」
 ・大倉忠義 行定勲監督から「さりげない色気で伝えることができる」と称賛!「窮鼠はチーズの夢を見る」キャスティング秘話公開
 ・「窮鼠はチーズの夢を見る」大伴恭一の妻役に元宝塚雪組トップ娘役・咲妃みゆ!関ジャニ∞・大倉忠義に「気持ちが救われました」というエピソードも披露
 ・大伴恭一と今ヶ瀬渉の「窮鼠はチーズの夢を見る」美しも切ない情景場面写真公開!原作者・水城せとな氏 大倉忠義へ「キラキライケメンなので大丈夫かな……と心配」も納得の仕上がり
 ・大倉忠義×成田凌「窮鼠はチーズの夢を見る」ポスター6種類公開へ!大伴恭一と今ヶ瀬渉のセリフとさまざまな表情伺える仕上がり
 ・「窮鼠はチーズの夢を見る」成田凌演じる今ヶ瀬渉の狂おしいほどの切ない恋心表現した新カット3枚解禁!ハイチェアの上で小さく体を丸めて座る姿も

 ■公開された動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする