相葉雅紀「合わせて食べたいと牛乳は思った」×松本潤「一緒に飲みたいといちごは思った」な向き合いの見開き広告の狙いとは?壁紙の配布なども展開

相葉雅紀×松本潤 向き合いの見開き広告の狙いとは?壁紙の配布なども展開1

 アイドルグループ『嵐』の相葉雅紀(37)と松本潤(37)が29日に発売の読売新聞朝刊で明治「一緒だともっとおいしいキャンペーン」として、向き合っている見開き広告が掲載されることが23日、発表された。

 これは、相葉がイメージキャラクターを務める『明治おいしい牛乳』と、松本をイメージキャラクターに起用している『きのこの山いちご&ショコラ』『たけのこの里いちご&ショコラ』の並びで、2人の相性の良さを伝えるというもの。

 白いTシャツを着て牛乳を片手に持つ相葉に「合わせて食べたいと牛乳は思った」というメッセージが乗る一方で、きのこの山とたけのこの里が降る中でいちご&ショコラのきのこの山を持つ松本の優しくほほ笑む表情とともに「一緒に飲みたいといちごは思った」というメッセージが乗る印象的な仕上がり。

 この狙いとして、お互いを想いながらほほ笑む2人の姿を通じて、離れていても誰かを想う優しい気持ちを応援したいという、今の時代に向けた前向きなメッセージを込めている。

 なお、23日より期間限定で相葉と松本の壁紙を配信したり、29日からは、QUOカードPay1000円分を抽選で1000人にプレゼントする「一緒だともっとおいしいキャンペーン」も実施となる。

 ■「きのこの山・たけのこの里 いちご&ショコラ」松本潤 壁紙 ダウンロードページ
 https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake/together2020_wallpaper

 ■「明治おいしい牛乳」相葉雅紀 壁紙 ダウンロードページ
 https://www.meijioishiigyunyu.com/kabegamidownload/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする