宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】5

 声優で俳優・宮野真守、俳優・福士蒼汰が5日、東京・池袋の東京建物 Brillia HALLで「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』太宰 治 著「お伽草紙」より」開演へ向け、メディア向けに取材会を開催した。

 株式会社ヴィレッヂの主軸である劇団☆新感線公演が、このコロナ禍のあおりを受け、春と秋の公演中止を余儀なくされ、この状況下でも、何かできることは無いかと試行錯誤する中、密にならないキャスト、スタッフによる、「今ならでは」の二人・三人芝居への挑戦をすることとなった。

 『カチカチ山』『浦島さん』は公演期間中、日替わりの日程などで上演され、両作品とも演出はいのうえひでのり氏が務める。『浦島さん』の主演は福士、共演は羽野晶紀と粟根まこと、脚色は倉持裕氏が担当。一方、『カチカチ山』は宮野が主演し、共演は井上小百合、脚色は青木豪氏となる。

 取材会には、衣装で登場した2人。しかし、宮野は薄汚れた感じが出まくっている衣装ということもあり「笑いものだよな」と、苦笑いしながら現れ、記念撮影の際に「これで普通(の表情)と言われてもなぁ。どうしていいか分からない」と、ぼやいたり、カメラマンから「キリッとした感じの表情を……」とリクエストされ報道陣から笑い声が起こり「失笑ですか!?」と、不安げな一幕も。ついには、福士もなにかの拍子に「それなりに……」と言うと、宮野は「それなりとかやめろよ~」と、返したりと共演ではないもののバディ感満載。

 衣装の話は続き、宮野は「おわかりの通り汚いです。こんな汚い格好でステージに立つのは初めてぐらいな感じで、僕の新境地ではあるんです」と、笑う。すると記者から福士のキリッとした和装と比べて「すごいみすぼらしいので……」と言いかけると食い気味に「みすぼらしいっていいました!?」と、前に出ることに。恐縮して詫びる記者だったが、あらためて「あえてそうされてるんですよね」と、声をかけると「それはあえてでしょう!!(笑)」と、速攻で否定し、会見場は大盛りあがり。

 ちなみに、このメイクは2人とも自分でしているそうで宮野は「タヌキメイクを自分でしないといけなくて、自分でアイラインを引いてるんです。それをメイクさんに教わりながらでタレ目にしたり下がり眉にしたり、寝癖のように見えてタヌキの耳のように見える……」と話していたところ、福士まで「どこらへんがタヌキなの。ただのなんかみすぼらしい……」と“参戦”!これに、宮野は福士に詰め寄ろうとしたが、2人の間にはアクリル板が入っており、詰め寄ることはできず福士は「よかった、これ(アクリル板)があって!(笑)ディスタンス保ててる」と、意外な“援軍”に事なきを得る(?)こととなった。

 なお、宮野は4日に初日を迎えているが「二人芝居というものに挑戦するのはなかなかない機会です。いままでにいないくらいのセリフ量、運動量だったりです。95分ですけど濃密なエンターテインメントが詰まっているので、僕も体力的にもキツイんですけど、昨日の公演は僕ななかで手応えがあって、面白いものになっていきそうだなということでワクワクしています」と、心が躍っているのだとか。

 新型コロナウイルスの影響により2人がそれぞれ座長を務める舞台『神州無頼街』は延期となり、あらためてこうして演劇をできるというこの状況への気持ちを尋ねる。「僕らに当て書きをしてもらった作品ができないという悔しさが非常にありました。でもこの状況下で下を向いてしまうのではなく、あらたに生み出せるエンターテインメントがあるんだなと、ソーシャルディスタンス芝居で作っていただいたことにより、エンタメの可能性が広がっていて、それはいいことだなと。オンラインの配信も全公演あり、お芝居がみなさんにとって身近になってくるのかなと思います」と、気持ちを。

 続けて、会場にお客さんが半分しか入れないなかでモチベーションの維持のしかたへ、「お客さんが半分なのは未知数で、どんな反応になるのかなと。でもこれは初日で、舞台とか劇場で観るといったとき、僕が舞台に出た瞬間に拍手が起こって、『ああ、なんかこの温かさが舞台の良さだな』って。客席に半分とか関係なく、お客さんと対峙して僕のパフォーマンスを観てもらう、お客さんに感じてもらうということは、やっぱり素晴らしいことだなと感じられてとても幸せでした」と、感慨深げだった。

 見どころについて宮野は「太宰治の『カチカチ山』の解釈が入っていて、おとぎ話のカチカチ山に外連味(けれんみ)があるというか……。僕も人のようでタヌキのような身なりですけど、一人の男が自分の欲望に向かい合って、認めていくのかという心理的な深さもあったりするので楽しんでもらえるんじゃないかなと思います」と、話の奥深さを語ったが、記者からは先日出演したドラマ『半沢直樹』(TBS系)で片岡愛之助演じる上司に“急所”をつかまれるという役どころにひっかけ「急所は掴まれますか?」との質問も飛び、「いまのところ急所をつかまれるシーンはないですね。あれっきりです。ははははは……」と、ノリよく返答して、報道陣を沸かせていた。

 そして宮野から「『神州無頼街』の上演を予定していた時期ですが、そのかわりに立ち上がった舞台です。僕は初日も終えて、決して苦肉の策ではなくて、新たな方向性のエンターテインメントを作れるんだと感じました。いままでに体感したことのない熱量やセリフ量で、人生最大のチャレンジといっても過言ではないくらいの思いではいます。人はどんな状況でも、新たに素晴らしいものを踏み出せるんだということを感じてほしいのでたくさんの方々に僕らの本気を感じてもらえたら。今後とも応援よろしくお願いします」と、メッセージを寄せていた。

 「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』 太宰 治 著「お伽草紙」より」は10月4日から同17日まで東京建物 Blliria HALLにて上演!なお、全公演「PIA LIVE STREAM」にてライブ配信も行われる。

 ※記事内写真は (c)2020『浦島さん』『カチカチ山』
 ※写真は「撮影:田中亜紀」

 ※福士蒼汰クローズアップ記事
 ・福士蒼汰 「浦島さん」初日公演へ「僕も心配です(苦笑)!」宮野真守は同じ気持ちだったとも

 ※関連記事
 ・宮野真守 福士蒼汰のプライベートは「ボケたがり」で“犬”な部分暴露!「カチカチ山」で井上小百合と歌って踊る展開発表も膨大なセリフ量に「いままでにない最大のチャレンジ」
 ・【上弦の月】福士蒼汰「髑髏城の七人」へ「若気の至り」出す!早乙女太一は劇団☆新感線の“ウソ”教える!?
 ・福士蒼汰&宮野真守ら「髑髏城の七人 season 月」会見開催!ド派手演出登場&ウサギ意識で観客とハイタッチも

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】1

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】2

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】3

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】4

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】8

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】9

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】10

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】11

宮野真守 福士蒼汰から「なんかみすぼらしい……」と言われ詰め寄ろうとするも阻んだもの?半沢直樹連想させる“急所”質問に「あれっきりです」【宮野クローズアップ記事】7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする