亀梨和也セルフシャッターでキュートな表情やクールな表情で振り幅!何かを一生懸命やり続けようとする多くの人々へ「一緒にがんばりましょう」とエール

亀梨和也セルフシャッターでキュートな表情やクールな表情で振り幅!何かを一生懸命やり続けようとする多くの人々へ「一緒にがんばりましょう」とエール2

 アイドルグループ『KAT-TUN』亀梨和也が22日より発売となるテレビ誌『月刊TVガイド3月号』(東京ニュース通信社)表紙に登場している。

 『月刊TVガイド』の雑誌カラーであるピンクの背景×ピンクの衣装で、表紙を飾った亀梨。カメラマンとのセッションをしていく中で、セルフシャッターを使っての撮影も。実は表紙カットもその中で撮られた1枚。くるくると表情、ポージングを変えていく中で、キュートな表情を浮かべている。

 一方で、中面グラビアではクールな表情で魅せており、ふり幅も楽しめる仕上がり。インタビューでは、主演を務める23日スタートのドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)の見どころのほか、何かを一生懸命やり続けようとする多くの人々へ「一緒にがんばりましょう」とエールも送っている。

 さらに、昨年1月22日にそろってメジャーデビューした、『SixTONES』、『Snow Man』のスペシャル企画も。2月17日にニューシングル「僕が僕がじゃないみたいだ」をリリースする『SixTONES』からは、髙地優吾&田中樹が登場し、新曲にまつわる話をたっぷり語っている。

 発売中のニューシングル『Grandeur』が話題の『Snow Man』は、ベッドの上からのSPグラビアをお届け!時にリラックスした表情を見せつつ、笑顔、クール、憂い……彼らの魅力を存分につめこんだ企画となっている。インタビューではちょうど1年前に互いにつけたキャッチフレーズについて、1年を経てあらためて考えていたり、“お互いの愛おしいところ”トークも。新曲についてもたっぷりと語っているほか、月刊TVガイド10周年にちなんで「メンバーの野獣(じゅう)なところ」についてのトークでも盛り上がることとなった。

 ほか今号より声優・斉藤壮馬が、アニメ業界のプロフェッショナルと対談し、その仕事内容を掘り下げていく企画を展開。第1回の対談相手は、斉藤の声優養成所時代の恩師である中尾隆聖となっている。

 『月刊TVガイド3月号』は22日より発売中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする