TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?

TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?2

「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演を前にコンセプトや今後への意気込みを語った

 TRF25周年プロジェクト『DANCE REPUBLIC~The devotion~』(演出:岡村俊一)公演が18日、東京・竹芝ニューピアホールで開かれ16日からの3日間の公演で3000人を動員する大反響を見せた。

 TRFデビュー当初から実現を望んでいた『ダンサーのダンサーによる舞台』が25周年を迎えることをきっかけに立ち上げ!そのメインタイトル『DANCE REPUBLIC』にはダンスの共和国・ダンスの社会という意味を、サブタイトル『The devotion』には献身、(深い)愛情などの意味が込められた。

 集結したダンサーは『DA PUMP』のKENZO、『GRASS HOPPER』のリーダーTATSUO、三代目JSBの振り付けなどをつとめるTAiCHiをはじめ、約500名の応募から全国オーディションで選ばれた50名のダンサーも出演。セリフはなくダンスだけでストーリーを表現したダンスの可能性に挑戦しており、総勢81人のダンスシーンは圧巻の仕上がり。多ジャンルで振り付けされたダンスも見どころだ。

 この公演3日目を前に、初の総合演出を務めたSAM、ETSU、CHIHARUが囲み会見を開いた。SAMは本作へ「実はかれこれ15年前からやりたくて、スタッフとミーティングしては話が潰れ……となってしまっていて」と、15年越しで企画が実現したことに喜びを。

 その内容について尋ねると、SAMは、「日本昔話をモチーフにしていて、ダンスを初めて観る方にも観やすく、それでいてしっかりダンスを見せていく」というスタイルだそうで、CHIHARUもETSUも「お話は簡単に分かる」と、間口の広いものとアピールした。

 記者からは、あえてセリフがないという演出について質問が上がったが、SAMは、「今年1回目ですし、ずっとダンスをやってきた方々なので、無理にセリフを言わせてずっこけちゃうより、ダンサーとしてやりたいことをやっていこうと」と、その意図が語られることもあった。

 『TRF』のDJ KOO、YU-KIも応援してくれているという本作。SAMは「来年、再来年と来年、再来年と継続してやって、若いダンサーたちの出口の1つになるようにしたいと思って」「ここから継続してやっていければと思っています」と、今後の開催へも意欲を燃やしつつ、「頭を使わずに観ているだけでも伝わる舞台です。お楽しみください!」と、呼びかけていた。

TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?1

TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?3

SAM

TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?5

ETSU

TRF・SAM「DANCE REPUBLIC~The devotion~」公演へ「ダンサーたちの出口の1つになるよう」と心情!セリフなし演出になった理由とは?4

CHIHARU

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする