島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い4

 TVアニメ『「フルーツバスケット」The Final』放送開始記念先行上映生配信イベントが13日、オンラインで開催され本田透役・石見舞菜香、草摩由希役・島﨑信長、草摩夾役・内田雄馬が朗読劇やトークなどを繰り広げた。

 “フルバ”の略称でも親しまれている『フルーツバスケット』は、漫画家・高屋奈月氏が1998年から2006年まで『花とゆめ』(白泉社)で連載していた少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破(コミックスは全23巻、愛蔵版は全12巻)し、2001年にTVアニメ化され(全26話放送)、2009年には舞台化を展開されたり、連載が終了し10年以上経った今でもファンの支持を受け散る作品だ。19年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、2019年4月~9月に1st seasonが、20年4月~9月には初のアニメ化ストーリーとなる2nd seasonが放送。さらに4月5日より、最終章となるThe Finalがテレビ東京ほかにて放送される予定となっている。

 女子高生の本田透が主人公で、縁あってクラスメイトの草摩由希やその親戚の紫呉、夾たちと暮らすことになるところから始まる。しかし、“十二支の物の怪憑き”である草摩家には、代々異性に抱きつかれると、憑かれた物の怪に変身してしまうという秘密があり、それぞれの葛藤や悩みを丁寧に描いたストーリーとなる。

 上映終了後、第1話に登場した草摩家の当主である草摩慊人の母・草摩楝と、前当主であり、慊人の父・草摩晶のキャラクタービジュアルが新たに公開され、草摩楝役を折笠愛が、 草摩晶を石田彰が演じることも解禁されることに。

 これに、島﨑は唯一フルバのアフレコで悔いがあると告白。それは、The Finalのアフレコ時は、収録形態が変わり、同時にアフレコに参加できる人数が限られていたため、石田に会うことができなかったことだそうで、「彰さんが晶さんを演じるんですね!」と言いたかったと嘆く島﨑の姿が見られる一幕も。

 続いて、トークコーナーへ。「The Finalの台本を読んだ時の感想は?」との質問に石見は「透の“ですます”が外れてしまうほど、彼女の感情が揺さぶられるセリフがあるんです。演じていて、私自身も、心がとても揺さぶられました」と、大きな心の動きがあるシーンが出てくるそう。

 内田は「夾は一歩踏み出す勇気を、いつも透にもらっているとあらためて思った」と、島﨑は「台本の表紙をみたときに、ファイナルなんだ……と感無量になった」と、それぞれ感慨深いものがあったようだ。

 その後はThe Finalの魅力に関する話題に。石見は「慊人さんは恐れられる立場にいましたが、彼女の過去も明かされていく」と、島﨑は「結局全部なんですよね」とあらためて魅力あふれる作品であると伝える。「1st season、2nd season、The Finalときて、キャラクターも成長している。そして僕は石見ちゃんをみてても思う。石見ちゃん、大人になったよね!」と、内田が言うと、島﨑もうなずく。これに、石見は「私は逆に……みなさんがいてくれなかったら透くんになれなかった」と、お礼していた。

 アフレコ現場では、The Finalアフレコの最終日、石見は現場で涙が止まらなかったことを告白。収録形態が変わったため、会えなかった方に手紙を書き残したそうで、この手紙は潘めぐみを始め、ほかのキャスト陣も連絡してくれて、石見は大感激したとも。

 そんな3人へ「演じる上で意識していることは」という問いには、役者として熱く語り合う一幕も。石見は「画面を見なくていい。とらわれなくていいよ、気持ちのままにやって」と、演出家から言われたエピソードや「中村悠一さんが『草摩紫呉を演じることが難しい』と言っていた。中村さんにムズイと言わせる紫呉って、どれだけ複雑なキャラクターなんだ!」と、裏話も飛び出す。

 想い出に残っているシーンでは、1st season第24話「夾の本当の姿をみての透の行動」があげられ、内田は「石見ちゃんにひっぱってもらった。掛け合いをしていて、純粋に楽しかった」といえば、石見は「透と夾の過去のシーンが頭の中を巡って、自分の中の引き出しじゃなくて、キャラクターの中の思い出の引き出しが開いて、演じることができた」と、振り返った。

 中盤には生アフレコのコーナーも開催。「不安を抱え落ち込む透が夾、由希、紫呉と素麺を食べるシーン」「透、夾、由希、紅葉、●の5人で訪れた爆笑必至のお化け屋敷のシーン」の2つを演じる。演じた後、「テンポの良い掛け合いがフルバだよね」と島﨑。当初は島﨑と内田の息が全然合わなかったそうだが、2nd seasonに入ると息がぴったりあってきたと告白することも。そして事前にアニメ公式Twitterにて選ばれた「夏休みに訪れた別荘で、由希が自分の気持ちを透に語る切ないシーン」「透の説得により、文化祭の舞台へ参加を渋々と承諾する夾のシーン」を熱演。

 由希の海辺での想いを伝えるシーンに、内田は「よかった……」との声を漏らしたり、文化祭のシーンを横で見て島﨑は「透と夾の関係性が仕上がってるな……」と、語感想を。生の声で再現される作中の名シーンに、観客からも「釘付けとなった」と、多くのコメントが寄せられました。

 イベントの締めくくりでは、それぞれが改めて作品への想い届ける。内田は「ついにThe Final。集大成です。フルバの世界に生きる彼らに想いを馳せてほしい」と、島﨑は「今日も嬉しくて、楽しくて、あったかい時間でした。重い展開になりますが、最後まで見ないと損な作品です!」と、石見は涙を滲ませながら「フルーツバスケットに出会えてよかった。私たちも魂込めて演じています。どうか最後まで見守ってください」と熱く語り、生配信イベントは終演を迎えていた。

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い8

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い1

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い5

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い6

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い10

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い11

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い7

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い9

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い2

草摩晶を石田彰

島﨑信長 フルバアフレコで唯一悔いや内田雄馬と息が合わなかった過去告白!石見舞菜香 中村悠一が「演じることが難しい」と語っていた裏話披露や涙にじませ熱い思い3

草摩楝役を折笠愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする