永瀬廉 日本アカデミー賞壇上で「弱虫にならず、エンターテインメントという厳しい坂をこれからも上り続けたい」とスピーチ!嵐・二宮和也も温かく見守る

永瀬廉 日本アカデミー賞壇上で「弱虫にならず、エンターテインメントという厳しい坂をこれからも上り続けたい」とスピーチ!嵐・二宮和也も温かく見守る1

 “キンプリ”こと『King & Prince』の永瀬廉が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』に新人俳優賞を受賞し登壇。司会を務めた羽鳥慎一アナウンサーと女優シム・ウンギョンとのトークを繰り広げた。

 日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典を目的に1978年から開催されている、映画のショーレース。永瀬は、今年8月14日に公開された主演映画『弱虫ペダル』(監督:三木康一郎/配給:松竹)の演技が評価され、初の日本アカデミー賞の舞台に立つこととなった。

 『弱虫ペダル』は2008年から漫画家・渡辺航氏が少年誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載しており、アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなどさまざまにメディアミックスされている高校生たちの自転車競技にかける姿を描いた作品。永瀬が演じる高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)は地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好き。坂道は、あることをきっかけに総北高校自転車競技部に入部することとなり、そこで出会った仲間たちの為に、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を見せることとなる……という物語となっている。

 永瀬は壇上で「このような素敵な賞を頂けて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。これからもまだ、自分が出会ったことのないような自分と出会えるように、出演させてくださる作品に少しでも華を添えられるように頑張っていきたいと思います」と、今後の俳優活動への意気込みを。

 さらに、「そして、弱虫にならず、エンターテインメントという厳しい坂をこれからも上り続けたいと思います。ありがとうございました」と、スピーチしていた。

 そんな永瀬の姿を優秀主演男優賞を受賞し出席していた『嵐』二宮和也が温かい視線で見守る姿もあった。

 永瀬と同じく新人俳優賞はほか、『ミッドナイトスワン』で服部樹咲、『朝が来る』で蒔田彩珠、『ラストレター』で森七菜、『望み』『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』『弥生、三月 -君を愛した30年-』で岡田健史、『MOTHER マザー』で奥平大兼が受賞しており、壇上が華やぐこととなった。

 ※関連記事
 ・永瀬廉「日本アカデミー賞」授賞式レッドカーペットで笑顔!岡田健史、奥平大兼と堂々の闊歩に
 ・永瀬廉「弱虫ペダル」撮影は「限界のその先に何回か行ってました」!秋葉原にママチャリ登場で「坂道に戻る感じがして」
 ・永瀬廉主演映画「弱虫ペダル」クランクアップは伊藤健太郎とのロードレース対決シーンで「今日の激坂はとにかくキツかった!」
 ・映画「弱虫ペダル」追加キャストに坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀、皆川猿時!キンプリ永瀬廉が語る「後悔」とは?【キャストコメント全掲載】
 ・HiHi Jets・井上瑞稀 キンプリ永瀬廉主演の「弱虫ペダル」に出演発表で「驚きと嬉しさでいっぱい」!クランクアップの日には思わず寂しさの瞬間も
 ・永瀬廉「弱虫ペダル」実写映画化の小野田坂道役で主演!「原作とアニメにハマり」キャラたちの魅力は「キラキラしていて本当にかっこいい」【プロデューサーの起用理由あり】
 ・永瀬廉 伊藤健太郎と「弱虫ペダル」激坂前後のオフショット写真!メイキング映像60秒も公開で「すごく過酷な環境での撮影がほとんど」

 ※記事内写真と該当SNSは5月1日までに削除します。

 ※記事内写真は(C)日本アカデミー賞協会