「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】6

 『新しい地図』草なぎ剛主演の映画『ミッドナイトスワン』(監督:内田英治/配給:キノフィルムズ)が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』で作品賞を受賞したことが発表となった。

 作品は、草なぎ演じる新宿の街で生きるトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)と、親から愛を注がれることなくネグレクトされ生きてきた中学2年生の少女・一果(いちか)の間に芽生える“切なくも美しい現代の愛の形”を描く“疑似母子”のオリジナルラブストーリーとなっている。

 本作で最優秀主演男優賞を受賞した草なぎは再び壇上に登壇。「マジか?!って感じですよね。いいんすかっ?!どうしようかな、これ。奇跡起こるんだなって。そうですね、あきらめたりしないで、一歩ずつというか、まあ、たまに振り返ることも人間誰しもあると思うんですけど、またそこから少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って、本当に素晴らしい賞をいただけて、本当にみなさんに感謝していますし、大変な世の中ではあるんですけど、みなさんとともに一歩ずつ、進んでいきたいなと思っています。本当にこの映画を愛していただいて、ありがとうございました」と、お礼をしていた。

 そのまま作品のテーマが流れるなか草なぎらはレッドカーペットを歩き会場を後にすることとなった。

 ■ほか、キャスト・スタッフコメント
 ○森谷 雄(フィルムパートナーズ代表)CULEN
 本当にありがとうございます。映画って、本当に関わる全ての人の眼差しで作られていくものだなというふうに、今回の作品で特に感じました。
 今回、スタッフ、キャスト全員が同じ方向を向いて作り上げた作品です。草彅さんの眼差し、服部さんの眼差し、それを見つめている内田監督の眼差し、そして全スタッフの眼差しがひとつなってこの作品になったと思っています。そして、このコロナ禍で、劇場に足を運んでくださった観客のみなさんの眼差しがですね、また、ひとつなって、最優秀作品賞に導いていただいたと本当に思っております。観客のみなさんの眼差しは本当にやさしくて、尊いものだったと実感しております。本当にありがとうございました。

 ○内田英二(監督)
 映画が好きで、5歳ぐらいからずっと映画監督になりたくて、ずっと小っちゃい映画をやったりしながら、脚本を書き、草なぎさん、(服部)樹咲さんがこの脚本を読んで、森谷さんも読んでいただいて、徐々に徐々にそして公開して、当初は本当に何の後ろ盾もない映画だったんですけど、観て頂いた。観て頂いたひとりが、ひとりまた2人、3人と増えた。本当に何か映画って、先程、長澤さんがおっしゃっていましたけど、1人では作れないんだなって、スタッフと役者そしてやっぱり観客、観客があってこそのやっぱり映画なんだと思いました。今回は本当にありがとうございました。

 ○服部樹咲(一果役)
 さっき発表されてすごいびっくりしました。この初めての……私のお芝居で、初めての作品だったんですけど、この作品に参加できて、本当によかったなって思いますし、映画館に足を運んでくださった方々やSNSなどで盛り上げてくださった方などに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 ■関連記事
 ・草なぎ剛「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞!「慎吾ちゃんとかゴロさんとか、本当に近い人たちが支えてくれて、きょうここの舞台に立てた」と感謝のスピーチ
 ・草なぎ剛&内田英治監督&音楽担当の渋谷慶一郎氏が11月29日に2度目となる映画「ミッドナイトスワン」舞台挨拶開催へ!香港でも2021年公開決定
 ・草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」が台湾で「午夜天鵝」として大晦日より公開で「大変うれしく」!急遽発表となった背景とは?
 ・草なぎ剛 主演映画「ミッドナイトスワン」へ「奇跡は起きる」と実感した瞬間とは?「あなたのご飯代を稼ぐため」頑張っている“お相手”も語る

 ※記事内写真と該当SNSは5月1日までに削除します。

 ※記事内写真は(C)日本アカデミー賞協会

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】5

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】2

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】4

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】1

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】3

「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞で作品賞受賞で草なぎ剛再び壇上登壇で「少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って」【監督・キャストコメント有】5